サッポロビール千葉工場見学:ビアレストラン 千葉ビール園(ジンギスカン)

スポンサーリンク

2019年4月にサッポロビール千葉工場へ工場見学に行ってきました。

サッポロビール 千葉工場

無料シャトルバスで「サッポロビール 千葉工場」へ来ました。

約80分の黒ラベルツアーに参加しました。

千葉ビール園

千葉工場には工場見学が出来る「マリンハウス」に併設して、ビアレストラン「千葉ビール園(公式HP)」があります。
工場見学のレシートを提示すると、食事の会計から10%の割引(最大5,000円)が受けられます。
サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

千葉ビール園の入口は、シャトルバス乗り場の近くにあります。階段で2階へあがりました。
サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

店内はガラス張りで明るく、外の景色も良く見えます。
サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

注文は最初だけ係の方にお願いし、その後はタッチパネルでできます。
サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー(ぐるなび)は、サッポロの看板商品である「黒ラベル」が様々なサイズで用意されています。工場見学の試飲会でもいただきました。

サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

ヱビスビールもありました。
サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

ヱビスビール 570円(税抜)
ヱビス&ヱビス(ハーフ&ハーフ)570円(税抜)

工場見学の試飲会で黒ラベルを2~3杯いただいたので、ヱビスビールの小グラスにを注文しました。サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

ランチメニュー

月~金曜日(平日のみ)の11時~15時はランチメニュー(ぐるなび)があります。
この日は平日で、黒ラベルツアーが終わったのが14:50頃。滑り込みでランチメニューが注文できました。
アラカルトにも同じメニューがありますが、量が2~3人前です。ランチは1人分になっていて、ライス付でお得です。サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

特製味付けラムのジンギスカンランチ 1,389円(税抜)

醤油ダレに漬け込んだラムのジンギスカン、野菜(もやし・ニラ・玉ねぎ・かぼちゃ)盛り合わせにライスが付いています。
サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

3種(醤油・塩・味噌)ジンギスカンランチ 1,482円(税抜)

醤油・塩・味噌で味付けされたラムのジンギスカン、野菜(もやし・ニラ・玉ねぎ・かぼちゃ)盛り合わせにライスが付いています。
サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

アラカルトメニュー(抜粋)

90分制の食べ放題(飲み放題)メニューのほかに、アラカルト、ご飯や麺メニューもあります。サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

ラムづくしのアラカルトメニュー(ぐるなび)があります。サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

ラム以外の肉類、海鮮などもあるので、ジンギスカンが苦手な方も楽しめます。サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

ランチメニューにラム2品を追加しました。

ラムカルビ 730円(税抜)

ラムカルビは全体的にハーブが効いていました。
個人的にはラムの味と香りが好きなので、ハーブがない方が好みでした。サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

ラム肩ロース 800円(税抜)

食べ応えのあるラム肩ロース。塩レモンの薬味がついていました。サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

窓からは退役した三代目の南極観測船「SHIRASE5002(公式HP)」。東京湾を一望しながらジンギスカンと生ビールが楽しめます。サッポロビール 千葉工場 千葉ビール園 ジンギスカン

お土産に「ジンギスカンのタレ/600円(税抜)」を購入しました。
早速使ってしまいましたが、自宅でも美味しいジンギスカンが楽しめます。サッポロ ライオン ジンギスカンのたれ

マリンハウス前のバス停から発車する無料シャトルバスに乗って、JR南船橋駅へ戻ります。

 

サッポロビール 千葉ビール園(公式HP

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です