サッポロビール千葉工場見学:サッポロビール千葉工場へ行く

スポンサーリンク

2019年4月にサッポロビール千葉工場へ工場見学に行ってきました。

工場見学予約

サッポロビール工場見学には事前予約が必要です。
希望日の60日前の同一日より、見学日の3日前までインターネット または 電話で予約ができます。
工場休館日は、毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日です。

公式HP: サッポロビール千葉工場 工場見学(予約)

(1) 黒ラベルツアー

黒ラベルの製造工程を体験するツアー

  • 開催日時:火~日曜、10:30~最終14:30 or 15:30(曜日によって異なる)
  • 所要時間:約80分(試飲含む)
  • 参加費:500円(試飲3杯まで・記念品付)

(2) SHIRASE5002&黒ラベル コラボツアー

南極観測船「SHIRASE5002」の船内見学と縮小「黒ラベルツアー」が一緒に楽しめるツアー

  • 開催日:毎週 水・木・日
  • 開催時間:10:30~12:50/12:30~14:50/14:30~16:50
  • 参加費:1,000円(試飲3杯まで・記念品付)

サッポロビール千葉工場へ行く

京葉線快速で東京駅から約25分。
工場見学の無料シャトルバスに乗るため、JR南船橋駅に来ました。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

無料シャトルバス

工場行きのシャトルバスはJR総武本線「津田沼」駅・京成本線「京成船橋競馬場」駅・JR京葉線「新習志野・南船橋」駅から発着しています → 公式HP:シャトルバス時刻表・発着場所案内

駅前の芝生広場を越えて、駅のロータリーの一番奥にあるバス停が「千葉ビール園」行きのシャトルバス乗り場です。黄色の専用バスが到着しました。
サッポロビール 千葉工場 工場見学 シャトルバス

約10~15分で千葉ビール園に到着しました。
サッポロビール 千葉工場 工場見学 シャトルバス

サッポロビール 千葉工場

マリンハウス内の受付へ向かいます。
奥のオレンジ色の船は、退役した三代目の南極観測船「SHIRASE5002(公式HP)」です。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

13:30からのツアーをインターネットで予約してきました。当日でも空きがあれば、申込できます。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

白と黒を基調とした内装の建物に入ると、サッポロビールと言えば思い浮かべる大きな星のロゴが迎えてくれます。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

マリンショップ

入口右側には黒ラベルグッズやオリジナルなグッズを扱う「マリンショップ」があります。限定の黒ラベルグッズは千葉工場にしかないそうです。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

黒ラベルツアー受付

入口左側にある受付で予約した名前を伝え、受付をしました。
予約画面などを印刷して持参する必要はありません。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

受付完了後、赤色のストラップがついたツアーカードを貰いました。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

ツアー開始時間まで、ビールを思わせるソファやホップが描かれた絨毯のあるツアーラウンジで待ちます。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

ラウンジには看板商品である黒ラベルが並んでいます。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

ツアー参加時に不要な荷物は階段近くにあるロッカーに預けることもできます。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

黒ラベルツアー

工場内での動画撮影・録音は禁止です。写真撮影は製造ライン以外はOKでした。

黒ラベルギャラリー(無料)

黒ラベルの歴史やビールの豆知識が学べるギャラリーで、予約なしでも無料で見学できるエリアです。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

黒ラベルツアーゲート

約80分の黒ラベルツアーの始まりです。

サッポロビール 千葉工場 工場見学 黒ラベルツアー

サッポロビール 千葉工場(公式HP

星のロゴマーク

金色の星(北極星)がシンボルの黒ラベル。
この星のルーツは「五稜星」、開拓使のシンボルとして北極星をモチーフに誕生した赤い星です。サッポロラガービール(公式HP)は、今でもラベルに赤星が利用され受け継がれています。
サッポロビール 千葉工場 工場見学

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です