岡本太郎記念館(庭/カフェ A Piece of Cake)– 東京・南青山

スポンサーリンク

2019年3月、東京南青山にある岡本太郎記念館に行って来ました。

岡本太郎記念館

岡本太郎記念館に来ました。

庭と彫刻

1階のサロン・アトリエを見学して、庭へ出てきました。

東京 南青山 岡本太郎記念館

庭の見学も入場券が必要です。
東京 南青山 岡本太郎記念館 庭の彫刻

庭には岡本太郎の作品の原型が庭の木々とも融合し、無造作に置かれています。
東京 南青山 岡本太郎記念館 庭の彫刻

若い太陽 1980年代後半

笑っている若い太陽。同じ作品名で表情が違うものもあります。
「芸術は太陽のようなものだ」と常々語っていた岡本太郎にとって太陽は象徴的な存在です。
東京 南青山 岡本太郎記念館 庭の彫刻

母の塔 1971年

現在は川崎市岡本太郎美術館のシンボルとして建てられています。
「大地に深く根ざした巨木のたくましさ」「ゆたかでふくよかな母のやさしさ」「天空に向かって燃えさかる永遠の生命」をイメージしているそうです。
東京 南青山 岡本太郎記念館 庭の彫刻

乙女 1988年

岡本太郎が毎年のようにスキーで訪れていた野沢温泉の村役場の庁舎前広場にある作品です。
東京 南青山 岡本太郎記念館 庭の彫刻

月の顔(左端)

庭の彫刻一覧には載っていない彫刻も多く置かれているようです。
庭には「座ることを拒否する椅子」もたくさん置かれていました。
東京 南青山 岡本太郎記念館 庭の彫刻

座ることを拒否する椅子

庭の植物が重なって可愛らしくなっていました。
東京 南青山 岡本太郎記念館 庭の彫刻

動物(左)1959年
太郎河童神像(右)1981年

「動物」は岡本太郎が初めて手掛けた本格的な彫刻作品だそうです。
ユーモラスな顔つきの「河童神像」は青森県三沢市 ”日本カッパ龍神祭” のシンボルとして作成されたものです。東京 南青山 岡本太郎記念館 庭の彫刻

太陽の塔

ふと上を見ると、2階のベランダに手をかけて下をのぞいている「太陽の塔」がいます。
東京 南青山 岡本太郎記念館 庭の彫刻

2階のベランダは立入禁止なので、可愛らしいこの姿は庭からのみ見ることができます。東京 南青山 岡本太郎記念館 庭の彫刻

岡本太郎記念館(公式HP

カフェ「ア・ピース・オブ・ケーク/a Piece of Cake」

岡本太郎記念館入り口すぐ左側にカフェ「ア・ピース・オブ・ケーク/a Piece of Cake(公式HP)」があります。
東京 南青山 岡本太郎記念館 a piece of cake カフェ

カフェにはテラス席もあります。
中庭に入ることはできませんが、彫刻を眺めながら、くつろぐことができます。
カフェの利用には、岡本太郎記念館の入館料はかかりません。東京 南青山 岡本太郎記念館 a piece of cake カフェ

メニュー

メニューはケーキセットなどもあります。2種類選べるパンケーキが有名なようです。東京 南青山 岡本太郎記念館 a piece of cake カフェ

顔のクッキー

1970年代に岡本太郎が出演したキリンシーグラムウィスキー”ロバートブラウン”のCM。
キャッチコピーは「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!」。ノベルティーグラスの底には太陽の塔に似た顔が彫られていたそうです。
そのグラスの底で型どった顔のクッキーも販売していました。東京 南青山 岡本太郎記念館 a piece of cake カフェ

ア・ピース・オブ・ケーク/a Piece of Cake(公式HP

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です