石川酒造 13年ぶりの蔵開き: 限定新酒しぼりたて「かめぐち」購入 – 東京・福生

スポンサーリンク

2019年11月、東京都福生市にある石川酒造の蔵開きに行ってきました。

石川酒造とは

石川酒造(いしかわしゅぞう/公式HP)は、1863(文久3) 年に酒造りを開始した歴史ある蔵元で、東京都内で日本酒造りの伝統を守っている10軒のうちのひとつです。
最寄駅は拝島駅(JR青梅線/西武拝島線)で、駅より徒歩約15~20分のところにあります。

13年ぶりの蔵開き

13年ぶりに石川酒造で蔵開きが行われ、お祝いの鏡開きに参加しました。

限定の新酒

石川酒造の敷地内では様々なイベントが行われていました。


本蔵横では新酒の試飲ができるようになっており、会場に来た方々が続々と列をつくっていました。東京 石川酒造 日本酒 多満自慢 蔵開き

期間限定の新酒「あらばしり」「さらさらにごり生酒」「かめぐち」3種から好きなお酒を試飲をすることができました。
このお酒は隣の直売店「酒世羅(さけせら/SAKE Cellar/公式HP)」で購入することができます。
東京 石川酒造 日本酒 多満自慢 蔵開き

蔵元限定・期間限定「かめぐち」

試飲で気に入った甘味があってフルーティな「かめぐち」。
石川酒造の敷地内でしか購入できない特別限定商品で、オンラインショップでは扱っていません。東京 石川酒造 日本酒 多満自慢 蔵開き かめぐち

ふな口から出るお酒をそのまま樽に詰め、酵母や酵素が生きている ”しぼりたて” のお酒で、今までは蔵人しか味わくことが出来なかった生原酒です。東京 石川酒造 日本酒 多満自慢 蔵開き かめぐち

酒世羅の店内に瓶詰めされた「かめぐち」は置いてありません。
注文すると、この機械を使って、この場で瓶詰めしてくださいます。
東京 石川酒造 日本酒 多満自慢 蔵開き かめぐち

無濾過・無調整・熱処理もしていないので「冷蔵保存して、1週間程度で消費してください」とのことでした。
東京 石川酒造 日本酒 多満自慢 蔵開き かめぐち

かめぐち(720ml)1,375円(税込)

石川酒造敷地内でしか購入できない、この時期限定の新酒「かめぐち」です。
蓋は金具などで栓はされておらず、「厳封」と書かれた帯シールで止められています。
東京 石川酒造 日本酒 多満自慢 蔵開き かめぐち

まとめ

13年ぶりの石川酒造の「蔵開き」へ行って本当に良かったです。
石川酒造の方々はどなたもとてもフレンドリーで、始終和やかで楽しいイベントでした。来年も行われる予定だそうなので、是非参加したいと思います。

アンケートに回答したら、酒粕馨る入浴剤「多満自慢」をいただきました。直売店「酒世羅(さけせら/公式HP)」で販売されており気になっていたので、とても嬉しいプレゼントでした。東京 石川酒造 日本酒 多満自慢 蔵開き

見学コース

蔵開きは年1回のイベントですが、通常時は酒蔵見学やビールの飲み比べなど4つの見学コースが用意されています。

石川酒造(公式HP

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です