バトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)への行き方、帰り方 – マレーシア

スポンサーリンク


2017年7月 マレーシア・コタキナバル + クアラルンプールへ行って来ました。
※本記事は2017年7月時点の情報です。

バトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)とは

バトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)はヒンドゥー教の聖地として信仰を集めています。
信者の方々はもちろん、日帰りで多くの観光客が訪れます。
クアラルンプール中心街から北に10km以上離れた郊外に位置していますが、クアラルンプールの中心駅であるKLセントラル駅から電車1本で行けるので分かりやすく、乗車時間も30分程度なので気軽に行くことができます。

KLセントラル駅 KTM コミューター

KLセントラル駅でモノレールからKTMコミューターに乗り換える場合

(KA01) KLセントラル(KL Sentral)駅からKTMコミューターに乗ります。
マレーシア クアラルンプール KLモノレール KLセントラル 乗換 KTMコミューター

チケットは自動券売機で購入します。
窓口でチケットを買おうとしたら「マシン!(機械で!)」。前に並んでいた人も全員言われていました。
この時は気づいていませんでしたが、注意書きに自動券売機で買うようにと書いてありました。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

KTMコミューター(KTM Komuter)のチケット購入方法

(2) KTMコミューターチケットの購入(自動券売機)から自動改札へ

自動改札機にトークンをかざし、改札を通ります。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

バトゥケイブ(Batu Caves)行の電車は4番ホームです。エスカレーターで下ります。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

(KC05) バトゥケイブ(Batu Caves)駅は終点です。必ず「Batu Caves」 行の電車に乗ります。
このホームにはバトゥケイブ(Batu Caves) 行以外の電車も発着しています。その電車に乗ると全く違う方向へ行ってしまうので注意が必要です。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

ホームにはこのようにドアの位置が書かれています。Qの場所に並んで待ちます。マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

電車がきました。
「Not in Service 」と表示が誤っていましたが、この電車でした。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

KTMコミューター 車内

電車は新しく、車内はとても綺麗で快適です。
背の高い2人掛けの椅子が並びます。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

窓を背にした横向きの長椅子もありました。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

車内の禁止事項一覧を見てみると、禁煙、飲食禁止をはじめとした一般的な項目が並ぶなか… Indecent Behavior(みだらな振る舞い)。ちょっと驚いてしまいました。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

ドアの上には電光表示板があるので、現在位置が分かり安心です。
バトゥケイブ(Batu Caves)駅は終点なので、特に気にせず乗っていても大丈夫です。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

バトゥケイブ(Batu Caves)到着

KLセントラル駅から約30分。
(KC05) バトゥケイブ(Batu Caves)駅に到着しました。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

観光客であふれる改札を出て、右側へ曲がります。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

階段を下り、駅の外に出ました。
バトゥケイブ(Batu Caves)を目指す観光客ばかりなので、流れについていっても大丈夫です。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

駅を出ると断崖絶壁の前に孫悟空のモデルになったといわれる猿の神様 ハヌマーンの大きな像が見えます。ハヌマーン像の方へ歩いていきます。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

ハヌマーン像が立つ場所にはラマヤナケイブ(ラマヤナ洞窟/Ramayana Cave)があります。

ハヌマーン像を背にし、前の通りをまっすぐに進んでいきます。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

しばらく歩くと左側に「バトゥケイブと言えば、ここ!」という風景が見えます。
修復工事中でした(2017/07時点)。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

バトゥケイブ(Batu Caves)見学


バトゥケイブ(Batu Caves)からの帰り方

(KC05) バトゥケイブ(Batu Caves)は終点駅であり、始発駅です。
朝夕の時間帯以外は45分に1本と電車の間隔があいています。

チケット売り場に時刻表が貼ってありました(2017/07時点)。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

チケットは自動券売機で購入します。
私たちが購入したときは、自動券売機の画面が固まってしまったり、紙幣が入らなかったり、何人もの方々が悪戦苦闘。この時、4台の券売機は故障していて、どれも利用できませんでした。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

自動券売機が故障していたため、チケットカウンターでチケットを購入しました。マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

駅のお手洗いは改札内にあります。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

お手洗いは有料(RM 0.30 = 約 8円)です。
トイレ前にいらっしゃる係の方に支払います。飲料水やスナックも売っています。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

ホームに来ました。
自動券売機で時間がかかり「ぎりぎり乗れるかもしれない」と思っていた14:15の電車には乗れませんでした。次の電車の時間は15:00。発車時刻20分前に来たら既にホームのベンチは満席。座る場所はありませんでした。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

発車時刻15分前にバトゥケイブ(Batu Caves) 行の下り電車が到着しました。
ここで停車し、折り返し運転上り電車として、クアラルンプール中心街(KLセントラル駅方面)へ戻ります。
マレーシア クアラルンプール KTMコミューター バトゥケイブ

バトゥケイブ(Batu Caves)駅は終点駅であり、始発駅です。

当駅発の上り電車は45分に1本のため、見学を終えた観光客が一斉に乗車し、混み合います。
私たちが乗った15:00発の電車は15分間の停車中に満席になり、発車時間前には立っている方も多くいらっしゃいました。

上り電車発車時間より20分程度早めにホームへ来ると、クアラルンプール中心街へ戻るまでの約30分間座れる可能性が高いのではないかと思います。

※本記事は2017年7月時点の情報です。

 

※2018年 追記※

KTM Berhad 公式HPによると、2018/02/03よりKLセントラル駅~セントゥル(Sentul)駅間が線路工事のため不通になっているようです。
このため、KLセントラル駅からバトゥケイブ(Batu Caves)駅まで直通電車で行くことが出来ません。

KTM線路工事のため、直通電車の本数が少なくなっています

2018/06よりバトゥケイブ(Batu Caves)までの直通電車が再開し、以前より本数を減らして運行しているようです。時刻表によると、1時間に1本程度の運行になっています。

本数が減っている区間(KLセントラル駅から セントゥル(Sentul)駅)をシャトルバスで移動し、電車(KTM)に乗り換えることもできるようです。

KTMB公式HP :時刻表

Train Schedule または KTM Komuter Details  内
KTM Komuter Timetable を参照

  • バトゥケイブ発 → Batu Caves - Pulau Sebang
  • バトゥケイブ行 → Pulau Sebang - Batu Caves)
  • シャトルバス  → Shuttle Bus Schedule - Komuter Bus Schedule
スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です