クアラルンプールの電車の乗り方(LRT/KLモノレール/KTMコミューター) – マレーシア

スポンサーリンク


2017年7月 マレーシア・コタキナバル + クアラルンプールへ行って来ました。

マレーシア・クアラルンプールの電車

マレーシア・クアラルンプール近郊は公共交通機関が発達しています。
電車は安い運賃で広範囲に行くことができるので、旅行者にとって強い味方です。
運営会社ごとに大きく分けて3種類あるようです。今回は(1)と(2)に乗りました。

(1)LRT/KLモノレール 運営会社:Rapid KL

  • 3 LRT/Ampamng Line(アンパン線)
  • 4 LRT/Sri Petaling Line(スリ・ペタリン線)
  • 5 LRT/Kelana Jaya Line(クラナ・ジャヤ線)
  • 8 Monorail/KL Monorail Line(KLモノレール線)
  • 9 MRT/Sungai Buloh-Kajang(スンガイ・ブロー-カジャン間)

(2)KTMコミューター 運営会社:マレー鉄道

  • 1 KTM/Seremban Line(スレンバン線)
  • 2 KTM/Port Klang Line(ポート・クラン線)

(3)空港線 運営会社:Express Rail Link

  • 6 ERL/KLIA Ekspres(KLIAエクスプレス)
  • 7 ERL/KLIA Transit(KLIAトランジット)

※ 最新版の路線図はRapid KL 公式HP  -  Traveling with Us -   How to Travel with Us? ページ内の「DOWNLOAD KLANG VALLEY INTEGRATED TRANSIT MAP 」リンクからPDF形式でダウンロードできます。

※本記事は2017年7月時点の情報です。

(1) Rapid KL (LRT/KLモノレール)
チケット(自動券売機)購入方法

(対象路線)
3 LRT/(Ampamng Line) アンパン線
4 LRT/(Sri Petaling Line) スリ・ペタリン線
5 LRT/(Kelana Jaya Line)  クラナ・ジャヤ線
8 Monorail/(KL Monorail Line) KLモノレール線
9 MRT/(Sungai Buloh-Kajang) スンガイ・ブロー-カジャン間

上記路線の各駅にこの自動券売機が設置されています。
「English」ボタンを押すと、マレー語表示から英語表示に切り替えられます。
小額紙幣か硬貨しか使えないことが多いので、事前に準備しておくと良いと思います。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

(1)路線の選択
行き先の路線のボタンを押します。
※ 駅名だけでなく、どの線に乗るかを予め電車路線図で確認しておく必要があります。
※ 駅により画面に表示される路線の数に相違があります。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

(2)駅名の選択
路線を選択すると、対象路線の駅名一覧が表示されます。グレーアウトしている駅が現在地です。
画面右上の「A→Z」を押し、駅名をアルファベット順に切り替えることも出来ます。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

路線によっては駅名が多いので、アルファベット順に並べ替えると探しやすいかもしれません。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

(3)枚数選択
複数枚購入する場合は「+」ボタンを押して加算します。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

2枚にしました。
画面右下緑色の「Cash」ボタンを押して、次に進みます。 マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

(4)確認画面
目的地と枚数、金額の確認画面下には現在この機械で使用できる紙幣/硬貨の一覧が表示されています。
ここでは20リンギット以上の紙幣は使用できません。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

(5)入金
コインは右上の挿入口、紙幣は右下の挿入口(写真外)から投入します。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

(6)清算
お釣りがある場合は乗車券(トークン)と一緒に払い戻されます。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

(7)トークン(乗車券)
青色のトークンの表には会社名「rapidKL」、裏は無地です。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

(8)自動改札(入場)
トークンを自動改札機のセンサーにかざすと、ゲートが開きます。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

(9)自動改札(退場)
出るときは自動改札機のトークン回収口にトークンを投入し完了です。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 LRT KLモノレール

モノレールに乗る

KLモノレール線に乗車しました。

(2)  KTMコミューター
チケット(自動券売機)購入方法

(対象路線)
1 KTM/(Seremban Line) スレンバン線
2 KTM/(Port Klang Line) ポート・クラン線

上記路線の各駅にこの自動券売機が設置されています。
小額紙幣か硬貨しか使えないことが多いので、事前に準備しておくと良いと思います。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 KTMコミューター

(1)リストの選択
左側のマップを選択するか、右側から行き先の駅名の一文字目のアルファベットを選択します。
ここではアルファベットの「B」を押しました。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 KTMコミューター

「B」を選択すると、「B」から始まる駅名が一覧表示されます。
画面右下「English」ボタンで、マレー語表示から英語表示に切り替えました。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 KTMコミューター

(2)駅名の選択
行き先の駅名を押します。「Batu Caves」を押しました。マレーシア クアラルンプール 自動券売機 KTMコミューター

(3)確認画面
目的地と枚数、金額の確認をします。
2. Quantity →複数枚購入する場合は「>」ボタンで加算します。
3. Payment Type →「Cash」を選択します。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 KTMコミューター

(4)入金
料金と現在この機械で使用できる紙幣/硬貨の一覧が表示されます。
ここでは10リンギット以上の紙幣は利用できません。入金します。

※ 紙幣挿入口が故障している機械が多くありました。紙幣が入らない(挿入口のランプが消えている)場合は別の機械を利用しました。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 KTMコミューター

(5)トークン
黄色のトークンの表には会社名「 KTM Komuter 」、裏は無地です。
赤色のトークンもありました。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 KTMコミューター

(6)自動改札
入場時はトークンを自動改札機のセンサーにかざすと、ゲートが開きます。
出るときは自動改札機のトークン回収口にトークンを投入し完了です。
マレーシア クアラルンプール 自動券売機 KTMコミューター

KTMコミューターに乗る

KTMコミューターでバトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)へ行ってきました。

 

IC交通カード

毎回トークンを買うのが面倒だという場合にはSuica のようなチャージ式のICカードもあります。
クアラルンプールでは「MyRapid Card」「Touch’n Go」 というの2種類の交通系ICカードが利用できます。

MyRapid Card

カード代金: RM10(払戻不可)
有効期限 : 最終チャージから2年
利用範囲 : LRT/KLモノレール/バス
注意事項 : KTMコミューターや空港線(KLIAエクスプレス)で利用不可

Touch’n Go

カード代金: RM10.60(払戻不可)
有効期限 : 最終利用 または 最終チャージから1年
利用範囲 : LRT/KLモノレール/バス/KTMコミューター/KLIAエクスプレス/一部のコンビニ
注意事項 : チャージ手数料がかかる ※駅など一部では手数料なしのチャージ機も有

今回、市内観光は1日という短い滞在だったため、どちらのカードも作成しませんでした。
カードを利用することにより乗車料金の割引はあるようなので、公共交通機関をたくさん利用する場合や1~2年に何回かクアラルンプールへ旅行する場合には有効なカードだと思います。

※本記事は2017年7月時点の情報です。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です