バトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)見学(その2)– マレーシア・クアラルンプール Day5

スポンサーリンク

2017年7月 マレーシア・コタキナバル + クアラルンプールへ行って来ました。

バトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)見学(その1)

バトゥケイブには野生の猿がいることでも有名です。
ただの岩場を撮ったようなこの写真の中にも7匹写り込んでいます。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ 猿

人を恐れない猿たちばかりなので、見えるように食べ物を持っていると狙われます。
観光客のカバンから少し出ていたお菓子の袋を一瞬で奪い取って逃げる猿を実際に目撃しました。

猿は本殿の広場に一番多くいましたが、272段の外階段側へも下りているので注意が必要です。
対策のひとつなのか、本殿広場ではエサをあげている方がいらっしゃいました。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ 猿

ニホンザルとは違い、しっぽが長いのが特徴です。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ 猿

洞窟内部

来た道を戻ります。
本殿広場の少し高いところから眺めると、左右に切り立つ岩肌が良く見えて神秘的です。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ

洞窟内部の寺院装飾も再建中。完成までには時間がかかりそうでした。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ

Dark Cave

272段の階段途中に「Dark Cave」と書かれた看板が立っています。脇道へ入ってみます。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ ダークケイブ

ここで鍾乳洞探検が出来ます。(公式HP/平日 10:00~17:00・休日 10:30~17:30)
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ ダークケイブ

ツアーは2コースあります。

  1. エデュケーショナルツアー(Educational tour)  45分/RM35
  2. アドベンチャーツアー(Adventure tour) 3~4時間/RM80

アドベンチャーツアーは事前予約制で、懐中電灯・水・エナジーバー・着替えなどが必要とあるので、かなり本格的なツアーです。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ ダークケイブ

アドベンチャーツアー用のヘルメットのようです。
公式Facebookにはアドベンチャーツアー参加者の写真が掲載されています。

今回は時間がないので、ツアー(エデュケーショナルツアー)の参加は断念しました。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ ダークケイブ

272段を降り切る

後ろから見てもやはり大きいムルガン像。
背中の太い支柱でこの大きさを支えていることがわかります。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ

さらに階段を下りていきます。
1段1段の幅が狭いので、上るより下る方が怖く感じました。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ

階段下の入口の門まで戻ってきました。
極彩色で彩られる神様たちは、再建中のため無色でした。
カラフルな神様たちを見ることが出来なかったのは残念ですが、通常あまり見る機会のない彩色前の細やかな彫刻を見ることができました。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ

下から見るムルガン像。一層迫力があります。
寄付を入れる賽銭箱もかなりの大きさです。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ ムルガン神

バトゥケイブ前広場

広場にはココナツジュース屋さんがありました。
飲み終わったココナツが地面に散乱してごちゃごちゃ。
かなり目立っていたので、良い看板になっていそうです。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ

広場の向こう側にはお店が並び、レストランやカフェなどがあるようです。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ

バトゥケイブ駅へ戻ります。
帰り道を歩いていたら、軍神ムルガンの象徴である孔雀がいました。
マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ

バトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)駅に戻ってきました。
KTMコミューターに乗って、クアラルンプール市内へ戻ります。


マレーシア バトゥ洞窟 バトゥケイブ
バトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です