バトゥケイブ駅近くのラマヤナケイブ(ラマヤナ洞窟/Ramayana Cave)– マレーシア・クアラルンプール Day5

スポンサーリンク

2017年7月 マレーシア・コタキナバル + クアラルンプールへ行って来ました。

ホテルでの朝食後、電車に乗ってバトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)へ来ました。

巨大なハヌマーン像

駅から見えたハヌマーンの大きな像に惹かれ、バトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)手前にあるラマヤナケイブ(ラマヤナ洞窟/Ramayana Cave)を先に見学することにしました。

この洞窟は古代インド叙事詩の一つであり、ヒンドゥー教の聖典の一つでもある「ラーマーヤナ」神話がわかるようになっているそうです。

強い戦士である猿の神様 ハヌマーンの大きな像が入口を守っています。
西遊記の孫悟空のモデルになった神様ともいわれています。
ハヌマーン像を良く見ると胸を開いて2つの像を見せています。王子ラーマへの忠誠を誓い自らの胸を切り開き、王子ラーマと王妃シータの像を示したという伝説があるのだそうです。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ハヌマーン

中へ入ります。寄付金(入場料)は1人 RM5です。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 

門を入ると、戦いを思わせる金色の馬車が出迎えてくれます。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ビシュヌ神

たてがみを振り乱しながら走る、荒々しい馬たちが描かれています。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 

馬車の後ろにはヒンドゥー教の三最高神の1人であり、慈悲深く、温厚公正で、世界を維持する役目を担うというビシュヌ神。
ビシュヌ神 は「アヴァターラ(アバターの語源)」と呼ばれる10の化身を持っています。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ビシュヌ神

ビシュヌ神像の横にある細い入口からラマヤナケイブ(ラマヤナ洞窟/Ramayana Cave)へ入ります。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟

内部は電光で装飾され、足元も照らされていて、それほど暗くありません。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟

「ラーマーヤナ」神話

洞窟内は数々の像を使い、魔王ラーヴァナと王子ラーマの戦いを描いた「ラーマーヤナ」神話が表現されています。戦いの部分の大筋は

  1.  魔王ラーヴァナの脅威に困った神々はヴィシュヌ神に助けを求める
  2.  魔王ラーヴァナ討伐のため、ヴィシュヌ神は化身の一つ、王子ラーマとして生まれる(転生)
  3.  王子ラーマの妃シータが魔王ラーヴァナにさらわれたことを機に大戦争に発展
  4.  王子ラーマは魔王ラーヴァナを倒し勝利

洞窟の入口から順に見ていくと、ストーリーを追っていけるようです。マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ

巨人 クンバカルナ

一番目を引いたのは、洞窟の右端に寝ている巨人。
魔王ラーヴァナの兄弟でクンバカルナ。息は強風のよう、叫びは雷のようであったとされ、世界が無になるほどの食欲の持ち主でだったため、9か月間眠り、1日だけ起きるを繰り返すよう呪いをかけられています。

魔王ラーヴァナは王子ラーマとの戦いにクンバカルナを参戦させるため、起こすことを命じました。家臣たちは法螺貝を鳴らしたり、棍棒で叩いたり、毛を引っ張ったり、終いには馬や象で踏みつけ、無理やり起こそうとしているところを描いています。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ

ヒンドゥー教信者にとって、とても馴染み深いお話なのだそうです。
神話を詳しく知らないので、何を示しているのか分からないながらも雰囲気を楽しみました。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ

洞窟の上に上がれるようなので、石の階段を登ってみます。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ

階段を上り、少し下を見てみました。
像はだいたい等身大なので、観光客と同じように見えます。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ

一番上まで来ました。なかなかの高さがあります。
下を見ると、灯りが洞窟内を綺麗に照らしています。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ

頂上には煌びやかな礼拝所でもあるのかなと思っていましたが、あったのは鍾乳洞の祠でした。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ

魔王ラーヴァナ

来た道を戻り、下までおりて来ました。
顔がいっぱいで怖い…と思ったら、こちらが10の頭を持つ魔王ラーヴァナでした。
ハヌマーンがさらった王妃シータを返すよう説得している場面を描いています。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ ハヌマーン

巨人 クンバカルナがやはり目を引きます。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ

出口の最終エリアには魔王ラーヴァナと王子ラーマの決戦の様子が描かれています。
神話を詳しくは知らないものの、派手な装飾と独創的な雰囲気を楽しむことが出来ました。
また神秘的な洞窟の雰囲気も楽しみました。
マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ

青空が広がる外に出ました。
ハヌマーンの凛々しい後姿が見えます。
ハヌマーンが見つめる方向、バトゥケイブ(バトゥ洞窟/Batu Caves)へ向かいます。


マレーシア バトゥ洞窟 ラマヤナ洞窟 ラーマヤーナ ハヌマーン

ラマヤナケイブ(ラマヤナ洞窟/Ramayana Cave)

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です