マンダラ:神田カレーグランプリ受賞のインドレストラン – 東京・神保町

スポンサーリンク

2017年11月 東京・神保町「インドレストラン マンダラ」に行って来ました。

神田カレーグランプリ

神田・神保町といえばカレーの激戦区。
このあたりには400店舗以上のカレー提供店が集まっているそうです。

この激戦区の中から神田のカレーNo.1を決定する「神田カレーグランプリ(公式HP)」は2010年から毎年開催されています。
11月4~5日に「第7回 神田カレーグランプリ 2017」が小川広場で開催され、今年のグランプリはつけめんでも有名な「お茶の水、大勝軒(公式HP)」でした。

神保町の有名カレー店へはいくつか行ったことがありますが、インドカレーはまだ食べたことがありません。
今回はナンを食べようと「インドレストラン マンダラ(公式HP)」へ向かいます。神田カレーグランプリ3年連続(2012年 グランプリ・2013年 3位・2014年 準グランプリ)で受賞経験のあるお店です。

 

インドレストラン マンダラ

初めて行くお店なので、GoogleMapを頼りに歩きます。
地図上ではこの辺なのですが…見当たらず、通り過ぎてしまいました。
良く見ると看板が出ていたのですが、赤い看板ばかりが目に入ってしまい、少し探しました。
神田 神保町 インドカレー マンダラ 神田カレーグランプリ

入口にはビルの壁と同じ色の看板が出ていました。
神田 神保町 インドカレー マンダラ 神田カレーグランプリ

お店は地下にあります。
営業時間は昼の部 月~日・祝 11:00~15:00/夜の部 17:00~23:00 、土・日・祝 17:00~22:00(LO 閉店30分前)で、定休日は年末年始のみです。
神田 神保町 インドカレー マンダラ 神田カレーグランプリ

行列店と聞いていたので、土曜日のお昼時を外した13:30頃に到着しました。
静かで人の気配がなかったので、すぐに入れるかと思ったら、階段を下りたところに列が出来ていました。
神田 神保町 インドカレー マンダラ 神田カレーグランプリ

ちょうど入れ替わりの時間だったようで10分程の待ち時間で席に通されました。
そのあとも待ち行列が途絶えることはなく、常に入口には誰かが待っている状態でした。

お店は細長く不思議な形をしていました。中央ではガラス越しにナンを焼くところも見られます。
神田 神保町 インドカレー マンダラ 神田カレーグランプリ

ランチメニュー

休日もランチメニューがあるのは嬉しいです。
A~Cの3つあるランチセットは税込で1,030~1,620円です。
神田 神保町 インドカレー マンダラ 神田カレーグランプリ ランチ

カレーの辛さはノーマル限定になりますが、種類を2つ選ぶことも出来ます。
種類を増やすと値段が高くなるお店もあるので、お値段そのままとはうれしいサービスです。
周りをみるとほとんどの方がこのダブルカレーランチを選んでいました。
神田 神保町 インドカレー マンダラ ダブルカレーランチ

最後に今日のカレーリスト。この6種類の中から好きなカレーを2種類選びます。
カレーは曜日替わりです(公式メニュー)。

このお店の看板メニューは「チキンバターマサラ」。
この日のシェフのおすすめメニューは「ベジタブル」と「ヌールジャハニ」でした。
神田 神保町 インドカレー マンダラ 神田カレーグランプリ ランチ

Cランチセット 1,030円

Cランチセットでカレーを2種類選びました。
カレー2種とナンがセットになったシンプルなランチです。
インドカレーはステンレス製の食器で提供されるお店が多いなか、こちらのお店の食器はずっしりと重みのある陶器でした。和食器でいただくカレーは初めて。器はしっくりと手に馴染みました。
神田 神保町 インドカレー マンダラ ランチ チキンバターマサラ

左:チキンバターマサラ(トマト味のチキンカレー)

お店の看板メニュー。マサラというのはインドの言葉でいろいろ混ざったという意味だそうです。
トマト味のまろやかでコクのあるチキンカレーで、辛くはありません。ほどよい酸味がありながらも甘みを強く感じます。

右:マトン(羊肉のカレー)

スパイスの効いたカレーで、程よい辛味とコクがあります。ほろほろに煮込まれたやわらかい羊肉が美味しい一品でした。
神田 神保町 インドカレー マンダラ ランチ チキンバターマサラ

手前:マトン(羊肉のカレー)
奥:ヌールジャハニ(骨付チキンとレバーのカレー)

ベースの味はマトン(羊肉のカレー)と似ていましたが、こちらの方が辛味がマイルド。大きなチキンとレバー、ひよこ豆やレーズンも入っていました。
神田 神保町 インドカレー マンダラ ダブルカレー ランチ

ランチ ナンおかわり無料

ランチタイムはクーポンを提示すると(スマホ提示可)無料でナンのおかわりが1回できます。

皿からもテーブルからもはみ出す大きな「おかわりナン」が到着しました。
ふわふわもっちりしていて、厚みがあります。
パンのように食べ応えがあるので、お腹にたまります。頼みすぎに注意です。
神田 神保町 インドカレー マンダラ ランチナン 無料

フルーツライタ

綺麗なターコイズブルーの和食器で提供されたフルーツライタ(フルーツ入りヨーグルト)。
甘味のあるヨーグルトが口の中をさっぱりとしてくれました。
神田 神保町 インドカレー マンダラ ランチ フルーツライタ ヨーグルト

約1,000円ランチで「おかわりナン」までいただき、満足。食べすぎました。
クセが強くないので、どなたでも食べやすいカレーだと思います。

マンダラ(公式HP

西インド会社

マンダラの近くにあるタイレストラン「メナムのほとり」、タイスキレストラン「ムアン・タイ・なべ」、ジンギスカン「神保町 マカン」(旧シンガポールレストラン)は西インド会社(公式HP)という会社が経営する、マンダラの姉妹店です。

1回の食事で1スタンプ。「スタンプ20回で¥1,200までの好きなランチメニュー1食サービス」というポイントカードは各店共通でした。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です