炊飯器を見直す – 持たない生活

スポンサーリンク

きっかけは電気炊飯器の故障

電気炊飯器が壊れたことをきっかけに炊飯器を見直し、以前から気になっていたガス炊きを始めました。
電気炊飯器

 

HARIO(ハリオ)のフタがガラスのご飯釜

家にある土鍋で炊くのは少し不安がありました。
ガス炊き初心者でも使えるという商品を購入しました。


サイズ公式HP ※1合専用もあります)
容量:2~3合
サイズ:幅 27×奥行 23×高 21/口径 20cm
重量:鍋 約2.2kg/フタ 約700g

 

HARIO(ハリオ)ご飯釜での炊飯方法

  1. 吸水
    夏は30分、夏は1時間程度吸水させると美味しく炊けます。
  2. 強火で加熱
    強火で約10分。IHや電子レンジは使用できません。
  3. 弱火で1分
    フタに付いた「ホイッスル」が鳴ったら、火を弱めて1分。
  4. 蒸らし
    火を止め、15分ほど放置(蒸らし)して出来上がり。

 

HARIO(ハリオ)ご飯釜のメリット・デメリット

メリット

  • 電気炊飯器より安い
    最近の炊飯器は価格幅が広く、高性能で高価なものが増えています。
    ご飯釜は定価8,000円(ネットで5,000円ほど)で購入でき、安いです。
  • 早めに炊ける
    炊飯時間は電気炊飯器と変わりません。早炊きと同じくらいの時間で炊くことができます。
  • 中が見える
    土鍋とは違い、蓋が透明。ある程度は中が見え、状況が分かりやすいです。
  • ホイッスルで通知
    土鍋とは違い、ホイッスルが鳴って知らせてくれるので、火にかけてから音がするまで放置できます。
  • 美味しく炊ける
    ガス炊きが簡単にでき、ご飯はふっくら美味しく炊けます。
  • お焦げが作れる
    火加減を調節するとお焦げがつくれ、香ばしいご飯ができます。
  • 水洗いできる
    全てのパーツを水洗いできます。

 

デメリット

  • 本体が重い
    鍋だけで2kg、フタと合わせると約3kgあります。
    洗うときなどに片手で支えることがありますが、片手で持つには重いです。
  • 炊飯予約が出来ない
    タイマー機能がありません。
    留守中にご飯を炊いておく、朝起きたらご飯が炊けているなどということができません。
  • ガス炊きのみ
    ガスでのみ使用可能です。IHクッキングヒーターは利用できません。
  • 3合炊き
    1回に3合以上炊けません。
  • 洗い物が多い
    電気炊飯器よりも洗うパーツ数が多いです。

我が家は毎日炊飯していないため、ガス炊きが面倒になることはありませんでした。
電気炊飯器を利用していた時は必要な時にキッチンの調理スペースに出して炊飯していましたが、現在はガス台の上に置いて炊飯しているので、調理スペースに余裕ができました。

 

IH対応ご飯釜 発売

土鍋タイプよりも少し値段が高くなりますが、 IH対応のご飯釜が今年発売になりました。
1~3合まで炊くことができ、土鍋タイプよりも少し軽く、食洗器にも対応しています。


サイズ公式HP
容量:1~3合
サイズ: 幅 26×奥行 21.6×高 20 /口径 20.8 cm
重量:本体 約1.9kg
区分:IH対応・直火対応・食洗器OK

 

ご飯の保存方法

残ったご飯は温かいうちに1食分ずつラップでくるみ、タッパーへ入れて冷凍しています。
ところどころ茶色くなっているのはお焦げです。お焦げがあっても問題なく電子レンジで解凍でき、美味しく食べられます。
ご飯 冷凍 タッパー 小分け

冷凍庫内ではこのように保存しています。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です