キリンビール横浜工場:ビールづくり体験教室 ビール到着

スポンサーリンク

2017年8月 キリンビール横浜工場でビールづくり体験をしてきました。

  1. ビールづくり体験教室へ行く
  2. ビールづくり体験教室 午前の部(講義と実習)
  3. ビールづくり体験教室(ランチと工場見学)
  4. ビールづくり体験教室 午後の部(実習)
  5. ビールづくり体験教室(試飲会&認定書授与式)

ビール到着

ビール体験教室から約6週間が経ちました。
酒屋さんで見る黄色のビールケースで中瓶20本のビールが到着しました。

※本記事は2016年7月時点の情報です。
※体験教室で作成するビールは1グループにつき小びん(330ml)×30本に変更になりました。
※10本単位で3か所まで配送先を指定できるようになりました(2018年夏時点)。神奈川県 キリンビール横浜工場 ビールつくり体験

箱を開けるとビール瓶がずらり。王冠は無地のシルバーでした。

ビール王冠のギザギザの数は21個と決まっているそうです。
物は3点で固定すると最も安定するので、3の倍数である21点で固定しているのだと以前工場見学で聞きました。
神奈川県 キリンビール横浜工場 ビールつくり体験

オリジナルビール

キリンビール横浜工場が描かれたオリジナルラベルのビールです。
裏側のラベルには作成した銘柄である「横浜ビアザケ」と賞味期限が書いてあります。
作成したビールの賞味期限は短く、ビール到着から約10日です。
神奈川県 キリンビール横浜工場 ビールつくり体験

三度注ぎ

ビール工場見学で教えていただいた「三度注ぎ」でいただきます。

グラスを置き、高めの位置から一気に注ぎます。グラスを泡でいっぱいにしたら、2分ほど待ちます。
神奈川県 キリンビール横浜工場 ビールつくり体験 横浜ビアザケ

泡がグラスの半分くらいまで落ち着いてきたら、2回目を注ぎます。
グラスの縁からビールを注ぎ込み、グラスいっぱいにして再び待ちます。
神奈川県 キリンビール横浜工場 ビールつくり体験 横浜ビアザケ

泡がグラスの縁より下がる前に最後のビールをそっと注ぎ、グラスの上まで泡を盛り上げます。
中瓶(500ml)は、このグラスちょうど2杯分でした。
神奈川県 キリンビール横浜工場 ビールつくり体験 横浜ビアザケ

いただきます。
苦みが強く美味しいビールです。自分で作ったと思うと余計に美味しく感じます。

ビールづくり教室で試飲したときは、苦みも少なく、発酵前で炭酸成分もない状態だったので「ちゃんとしたビールになってる。すごい!」というのが最初の感想でした。
神奈川県 キリンビール横浜工場 ビールつくり体験 横浜ビアザケ

ビールづくり教室。なかなかできない面白い体験だと思います。
もし機会があれば、今度は別の銘柄のビールづくりをしてみたいと思います。

ぶらり散歩「2017.08 キリンビールづくり体験」おわり

 

キリンビール横浜工場(ビールづくり体験教室

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です