石川酒造:酒蔵のおむすび処「ぞうぐら」と「雑蔵資料館」– 東京・福生

スポンサーリンク

2019年10月、東京都福生市にある石川酒造見学に行ってきました。

石川酒造とは

石川酒造(いしかわしゅぞう/公式HP)は、1863(文久3) 年に酒造りを開始した歴史ある蔵元で、東京都内で日本酒造りの伝統を守っている10軒のうちのひとつです。
最寄駅は拝島駅(JR青梅線/西武拝島線)で、駅から徒歩約15~20分のところにあります。

ぞうぐら

充実した約1時間の「多満自慢(日本酒)」見学コースのあと、「福生のビール小屋」で美味しいイタリアンランチをいただきました。


せっかく蔵元に来たのだから、もう少し日本酒を楽しみたいと思い、受付や試飲会場であった「ぞうぐら」に戻りました。
東京 石川酒造 日本酒 多満自慢見学コース 試飲会

注文/受取はカウンターで行うセルフサービススタイルですが、メニューは各席にもあります。東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒

メニュー

ドリンクメニュー

蔵元ならではの日本酒・クラフトビールが並びます。日本酒は飲み比べセットもあります。
東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒

食事メニュー

食事は全品テイクアウトすることも可能です。
写真のメニューは一部です。汁物や出汁茶漬け、デザートなどもあります(公式HP)。

杜氏が造る糀の「塩糀」鶏唐揚げ東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒

多満自慢(日本酒)に合う一品
東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒

TOKYO BLUES・多摩の恵(ビール)に合う一品
東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒

発酵定食セット(おむすびと塩麹メニューのセット)
東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒

注文カウンター

注文/受取はカウンターで行います。東京 石川酒造 ぞうぐら 多満自慢 日本酒 見学

支払いは現金のほか、各種電子マネー、交通系ICカード、クレジットカードが利用できます。東京 石川酒造 多満自慢 日本酒 見学

注文後、食事を受け取りました。
対面販売のお店なので、席予約はできません。東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒

多満自慢とおむすび

  • 純米無濾過(グラス)@300円
  • 鮭の塩糀漬け 220円
  • えのき入り牛しぐれ 220円

既にランチをいただいたので、多くは注文できませんでした。
さっぱりとした塩味のあるおにぎりで日本酒が進みます。日本酒は見学コース最初に頂いた石川酒造の定番商品「純米無濾過」を選びました。

東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒

お水と温かいほうじ茶はセルフサービスです。ここでもお水は仕込水が利用されています。東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵 ランチ 日本酒

キャッシュレス・消費者還元制度

SAKE・BEER・OMUSUBI「ぞうぐら」は、キャッシュレス・消費者還元制度の還元対象店舗です。
キャッシュレス決済を利用すると、利用額の5%が還元されます(還元対象期間:2019/10/1 ~ 2020/06/30)。
東京 石川酒造 多満自慢 日本酒 見学

雑蔵資料館

SAKE・BEER・OMUSUBI「ぞうぐら」の2階は資料館として無料開放されています。
東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵資料館

石川酒造当主 石川家の歴史(多摩川の治水・利水、酒造りの歴史など)を展示しています。東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵資料館

歴代のビールラベルや日本酒のラベル、実際に取り交わされた証文、当時の絵や写真など、歴史ある酒蔵ならではの貴重な史料を見ることができました。東京 石川酒造 ぞうぐら 雑蔵資料館

石川酒造「ぞうぐら/雑蔵資料館」(公式HP)

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です