鬼太郎茶屋:深大寺参道入口にあるカフェ – 東京・調布

スポンサーリンク

2019年5月GWに東京・調布にある深大寺へ行ってきました。

深大寺(じんだいじ)と鬼太郎

深大寺(じんだいじ/公式HP)は、厄除け大師で知られる天台宗の別格本山。湧き水が豊富で、緑に囲まれた自然豊かなお寺を見学してきました。


深大寺のある調布は「ゲゲゲの鬼太郎」の作者 水木しげる先生が50年以上住んでいた場所で、深大寺も水木作品に度々登場するそうです。その縁で2003年10月、この場所に鬼太郎茶屋がオープンしました。

鬼太郎茶屋

深大寺参道の入口に緑に囲まれた2階建ての古民家「鬼太郎茶屋(公式HP)」があります。
写真を撮るのも大変なほど店前はとても混雑していて、人気があります。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

屋根の上や窓、壁などに妖怪がたくさんいます。鬼太郎の下駄もありました。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

店前で焼いている「目玉おやじの焼き団子」は大人気でした。写真も撮り放題で「SNSで拡散してくださいー」と書いてありました。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

店の手前は鬼太郎グッズが並ぶショップになっていて、奥にカフェがあります。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

喫茶コーナー

カフェの入口にきました。ここにも大きい妖怪がいます。
営業時間は10:00~17:00(L.O.16:30)で、定休日は 月曜日(祝祭日の場合は翌日へ振替)です。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

喫茶の利用方法も漫画になっていて分かりやすいです。
タイミングによっては、しばらく並ぶこともあるようです。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

ベンチ席のほか、テーブル席があり、全部で20席ほどです。利用法に従って、先に塗り壁のベンチ席を確保しました。
店内には鬼太郎グッズがたくさん飾られています。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

メニュー

メニューも漫画風で、妖怪をモチーフにした和の甘味やおつまみが並びます。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋 メニュー東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋 メニュー東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋 メニュー

島根県の地ビール「鬼太郎ビール(販売公式HP)」もあり、持ち帰り用セットも用意されています。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋 メニュー

注文方法

喫茶コーナーの利用方法も漫画になっていました。大人は1人1品以上の注文が必要です。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

注文と会計は奥のレジで行います。支払はPayPay(公式HP)も利用できました。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

レジで注文後、番号札を貰って席へ戻ります。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

甘味

一反もめんの茶屋サンデー(黒蜜) 800円

寒天で出来た一反もめんがのったサンデーです。「黒蜜」か「抹茶シロップ」を好みで選べます。
横に添えられているのは水木先生の「ほのぼの名言クッキー」という商品で、市販もされています(販売公式HP)。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋 一反もめんの茶屋サンデー

ゲゲゲラテ(冷) 500円

水木しげる先生の出身地 鳥取県の濃厚な「大山白バラ牛乳」を使用したカフェラテです。
絵柄は「鬼太郎」「目玉おやじ」「ねずみ男」「唐傘」「ねこ娘」から選べました。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋 ゲゲゲラテ

冷たいドリンクには非売品の紙コースターがついてきて、持ち帰ることができます。絵柄は選べません。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋 ゲゲゲラテ コースター

御手洗

喫茶の隣に併設している「妖怪ギャラリー」入口にある御手洗も鬼太郎仕様でした。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

外には鬼太郎とねずみ男がいて、一緒に記念撮影する人々が多くいらっしゃいました。
GW中だったので、中庭では的に玉を投げ入れるゲームイベントが行われていました。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋の車も鬼太郎仕様です。休日には様々なイベントが行われています。
人気のため既に終了していましたが、小学生以下対象に鬼太郎風船をプレゼントしていました。東京 調布 深大寺 鬼太郎茶屋

鬼太郎茶屋(公式HP

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です