シンガポールへ出発~羽田空港~シンガポール・チャンギ国際空港 – シンガポール Day1

スポンサーリンク

2018年09月、シンガポールに5泊6日(機内泊含) で行ってきました。

羽田空港国際線ターミナル

羽田空港国際線ターミナルに到着しました。
今回の航空会社はシンガポール航空、一番奥のAカウンターでした。
羽田空港 国際線 シンガポール航空

クラスによってチェックインの列が分かれています。
緑色がエコノミークラス、白色がオンラインチェックイン(インターネットチェックイン)専用レーンです。
羽田空港 国際線 シンガポール航空 インターネットチェックイン

オンラインチェックインをしてきたので、白色のインターネットチェックインの列に並びました。


エコノミークラスの列に比べると列が短くなっていました。
羽田空港 国際線 シンガポール航空

出国審査

出国審査は自動化ゲートを利用するとほとんど待たずに手続きできます。利用には事前登録が必要なので、時間のある時に登録しておくと便利です。


羽田空港 国際線 シンガポール航空

09:15 シンガポール航空 SQ631

搭乗はゲート105。出国審査ゲートからかなり離れた搭乗口でした。
ANAとの共同運航便。日本人の客室乗務員は3名でした。
羽田空港 国際線 シンガポール航空 SQ631

搭乗予定の飛行機が見えました。
羽田空港 国際線 シンガポール航空 SQ631

エコノミークラスは搭乗口でイヤホンを受けとります。
羽田空港 国際線 シンガポール航空 SQ631

シンガポール行の飛行機は777-300ER(公式HP)。
エコノミークラス席が横に3席+3席+3席の大きさです。
羽田空港 国際線 シンガポール航空 SQ631

モニター画面下にUSBポートが付いているので、携帯などの充電が出来ます。
羽田空港 国際線 シンガポール航空 SQ631

機内食

メニュー冊子が配られました。
離陸後のメニューは「和食」か「シンガポール・フェイバリット」の2種類から選べます。
「シンガポール・フェイバリット」はシンガポール航空日本就航50周年を記念したメニューで、シンガポールで人気のあるシンガポール料理を楽しめます。
「シンガポール・フェイバリット」を選びました。
シンガポール航空 SQ631 機内食

シンガポール・フェイバリット

  • スモークサーモン、リゾーニパスタサラダ、バジル風味
  • チキンライス(蒸し鶏とチキン風味ライス)
  • パンとバター
  • コーヒーと紅茶

シンガポール航空 SQ631 機内食 チキンライス

  • デザート
    ハーゲンダッツアイスクリーム(バニラ)
  • ドリンク(フルーツジュース)
    美味しいパイナップルジュースがありました。シンガポール航空 SQ631 機内食 ハーゲンダッツアイスクリーム
  • おつまみ
    離陸後に飛行機が少し揺れたため、食後に2回分のおつまみがまとめて配られました。

シンガポール航空 SQ631 機内食 おつまみ

出入国カード

機内で出入国カードを書きました。

そろそろシンガポールに到着します。
シンガポール航空 SQ631

15:00 シンガポール・チャンギ国際空港到着

飛行時間7時間。
予定より15分ほど早くシンガポール・チャンギ国際航空(ターミナル3)に到着しました。
シンガポール シンガポール航空 チャンギ国際空港

トランジットエリアで両替を済ませました。


イミグレーションへ向かいます。
シンガポール チャンギ国際空港 イミグレーション

荷物を受け取り、SIMを買いに行きます。


シンガポール シンガポール航空 チャンギ国際空港

空港から市内へは電車(MRT)で向かいます。


シンガポール・チャンギ国際空港公式HP

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です