シンガポール・チャンギ国際空港でSIMを買う – シンガポール Day1

スポンサーリンク


2018年09月、シンガポールに5泊6日(機内泊含) で行ってきました。

シンガポールの携帯会社(キャリア)

シンガポールの大きな携帯会社(キャリア)は以下の3社だそうです。
元々国営の電話会社であったSingtel(シングテル)を選びました。

販売場所:到着エリア(ターミナル3)

シンガポール・チャンギ国際空港内の両替所で両替と旅行者用プリペイドSIMカード購入を同時にできます。

両替所は制限内(トランジットラウンジ)と入国後(到着エリア)のどちらにもありますが、今回は制限内(トランジットラウンジ)の両替所で旅行者用プリペイドSIMを扱っていなかったので、到着エリアに来ました。

到着エリアの左右2ヵ所に両替所(丸囲み)があります。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 両替 到着ラウンジ

UOB(ユナイテッド・オーバーシーズ銀行/大华银行有限公司)とTravelex(外貨両替トラベレックス)が並んでいます。
UOBではStarhub(スターハブ)のTravel Prepaid SIM、TravelexではSingtel(シングテル)のhi!Tourist SIM Cardを販売しています。シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 SIM 到着ラウンジ UOB Travlex

Travelexでhi!Tourist SIM購入

両替所の方は熱心に呼び込みをされていました。
近づくと意気揚々と接客してくださったのですが、(トランジットラウンジで既に両替を済ませてきたため)SIM購入だけで両替は必要ないと伝えたら、驚くほど一気に係の方のテンションが下がりました。
両替と同時購入が喜ばれるようです。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 SIM 到着ラウンジ  Travlex

7日間有効の SG$ 15 hi!Tourist SIM Cardを購入しました。
パスポートを提示(コピーをとる)し、契約書に署名するとカードを渡されました。
シンガポール SIM Singtel hi!Tourist

  • 有効期間:7日間
  • 国内データー通信:4G 100GB
  • SNSアプリ:Facebook/Whatsapp/LINE/WeChat無制限
  • 国内通話:500分
  • 国内SMS:100通
  • 国際電話:30分

SIMカードの裏に書かれている8桁の番号が電話番号です。
シンガポール SIM Singtel hi!Tourist

 hi!Tourist SIM設定 - SIMピン忘れずに!

SIMは1枚の台紙から標準SIM、microSIM、nanoSIMが取り外せるマルチSIMです。
端末側のスロットのサイズの大きさに合わせて取り外し、セッティングをします。
自分でセッティングすることになるので、SIMスロットを取り出すための「ピン」は持ってきた方が良いです。シンガポール SIM Singtel hi!Tourist

SIMカードを携帯端末に差し込むだけで認識し、利用できるようになります。
SMSに開通メッセージが届きます。
最初は3G接続でしたが、しばらくしたら4G接続になりました。
シンガポール SIM Singtel hi!Tourist

残高と有効期限の確認

(1) ダイアルを利用する方法と (2) 専用アプリを利用する方法があります。

(1) ダイアル利用

「*100*1#」へダイアルすると、SMSで通知が届きます。
シンガポール SIM Singtel hi!Tourist

(2) Singtel Prepaid hi!Appを利用

1. SIMカード裏に記載の電話番号(8桁)を入力します。
シンガポール SIM Singtel hi!Tourist

2. 電話番号宛に送られてきたワンタイムパスワードを入力します。
シンガポール SIM Singtel hi!Tourist

3. 一覧表示され、残量確認できます。
シンガポール SIM Singtel hi!Tourist

(参考)出国前から準備ができるSIM2FLY

アジア圏14ヶ国で利用可能なSIMカード「SIM2FLY」はシンガポールでも利用できます。
シンガポールでのキャリアは「Singtel(シングテル)」です。
データ専用のため通話はできず、価格も少し高いものの、日本でも利用できる「SIM2FLY」は選択肢の一つかと思います。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です