阿城鵝肉:絶品ガチョウ肉 ふたたび – 台湾・台北 Day2

スポンサーリンク

2017年12月、台北に3泊4日で行って来ました。

絶品ガチョウ肉の阿城鵝肉(アーチェンアーロウ)

2年前に初めて来た阿城鵝肉(アーチェンアーロウ)。
とても美味しかったので、今回も再訪しようと思っていました。

最寄り駅であるMRT(O09)行天宮(シンティエンクン)駅からは徒歩5~6分、

MRT(O08)(G15)松江南京(ソンジャンナンジン)駅からは徒歩約10分のところにあります。

相変わらずの人気店。
午後8時頃到着すると、お店の前に列が出来ていました。
台湾 台北 阿城鵝肉 ガチョウ肉

メニュー

店内で人数を言って、写真付きメニューと注文用のメニュー票を貰います。
台湾 台北 阿城鵝肉 ガチョウ肉 メニュー

店前のメニューは注文用のメニュー票と価格が少し違っていました。
2年前に来たときと違い、全体的に少しずつ値上がりしているようです。
台湾 台北 阿城鵝肉 ガチョウ肉 メニュー

相席でもよい?と英語で聞かれ、OKしたら、店の一番奥にある大きな丸テーブルに通されました。
あっという間に2つの丸テーブルは満席になりました。
台湾 台北 阿城鵝肉 ガチョウ肉

店内は老若男女、家族連れやグループで混み合っています。
飲み物を頼む場合は写真の冷蔵庫からセルフサービスです。会計時に清算します。
台湾 台北 阿城鵝肉 ガチョウ肉

しばらく待つと料理が来ました。

時令蔬菜 80元

季節の野菜の塩にんにく炒め。時期によって葉物が違うのかと思います。
これが何の葉だったかは分かりませんでしたが、癖がなく美味しい炒め物でした。
台湾 台北 阿城鵝肉 ガチョウ肉 時令蔬菜

鵝油拌飯(小)20元

鵝肉を作るときに出る脂がかかっているご飯。
お肉と同じ香りがするので、一緒に食べると美味しい一品です。今回は脂多めにかかってました。
台湾 台北 阿城鵝肉 ガチョウ肉 鵝油拌飯

鵝肉(1~2人/基本量不指定部位)200元

前回来た時には1~2人前の鵝肉(ガチョウ肉)は前半段(胸肉)のみでしたが、前半段(胸肉)・後半段(もも肉)の部位指定なしの盛り合わせメニューに変わりました。

後半段(もも肉)の切れ端の上に綺麗に前半段(胸肉)が並び、大量の生姜が添えられています。
前半段(胸肉)は脂が比較的少なめで小骨がなく、後半段(もも肉)も小骨がほぼ取り除かれており、とても食べやすいです。

前回いただいた後半段 300元は2人では少し多めの量でしたが、今回の基本量不指定部位 200元は2人でちょうど美味しく食べきれる量、もう少し食べたい…という量でした。
台湾 台北 阿城鵝肉 ガチョウ肉 鵝肉

蛤蜊湯(小)70元

生姜がたっぷり入った優しい味のはまぐりスープ。
台湾らしい香辛料は入っておらず、貝の旨味が美味しいスープです。
台湾 台北 阿城鵝肉 ガチョウ肉 蛤蜊湯

蛤蜊湯(蛤のスープ)は周りでも頼んでいる方が多い人気メニューでした。
相席だった地元の方々が頼んでいた副菜をみると臭豆腐(発酵液につけた強烈な臭いのある豆腐加工食品)、麻辣血( 鴨の血を固めたもの)、黄金筍(たけのこ)が人気のようでした。

期待通りの美味しい鵝肉(ガチョウ)。
ほどよい塩味で、前半段(胸肉)もしっとりジューシーでした。やはり絶品!美味しかったです。
ごちそうさまでした。

翌日も行きました。
セルフサービスの小皿やれんげの場所、お会計のカウンターの様子はこちらにあります。

阿城鵝肉 /  11:30~21:30 公式HP

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です