2017.12 台湾・台北 旅行記

脆皮鮮奶甜甜圈:行列のできる揚げたて台湾ドーナツ – 台湾・台北 Day2

台湾 台北 脆皮鮮奶甜甜圈 Kari ドーナツ 2017.12 台湾・台北
スポンサーリンク

2017年12月、台北に3泊4日で行って来ました。

脆皮鮮奶甜甜圈(ツイピーシェンナイ ティンティンチェン)

台鉄・高鉄・台北MRTの台北駅、または空港線(A1)台北駅から徒歩約5分。台北駅裏の通りに黄色のドーナツ看板のお店「脆皮鮮奶甜甜圈 Kari(ツイピーシェンナイ ティンティンチェン)」があります。
「甜甜圈」がドーナツという意味だそうです。

揚げたてが美味しいと聞き、1日3回(開店後11:30、14:00、16:00)あるという出来立て時間を目指して行こうと思っていました。
台湾 台北 脆皮鮮奶甜甜圈 Kari ドーナツ

揚げたて予定時刻を1時間過ぎた17:00頃に到着しました。
小雨が降り、天気が悪いので、空いているかもしれないと思って来たら…大混雑でした。
店舗の前には隣のコーヒー屋さんの前を開けて、2つの大行列ができています。まずは右側の列の最後尾へ並び、左側のお店の前の列へと進むようです。
台湾 台北 脆皮鮮奶甜甜圈 Kari ドーナツ

私たちのあとにもどんどん人が並び、列はずっと長いままです。
隣のお店へ入らないように列の折り返し地点には自転車が置かれていました。
台湾 台北 脆皮鮮奶甜甜圈 Kari ドーナツ

ようやく店舗前の列へ移れます。店内の雰囲気が見えてきました。
こんなに大盛況なのに店員さんの数が少ないようです。
台湾 台北 脆皮鮮奶甜甜圈 Kari ドーナツ

メニューには色々と種類がありますが、この日は原味(オリジナル/プレーン)1種類しかありませんでした。
揚げたてのドーナツを一時的にケースに置き(写真)、次から次へとシュガーパウダーをまぶし、袋に入れ、そのまま販売しています。お客さんはほぼ地元の方のようで、大量買いして行く方を多く見かけました。
ケースに置いたドーナツはすぐなくなり、また揚げあがりを待つという作業の繰り返しでした。
台湾 台北 脆皮鮮奶甜甜圈 Kari ドーナツ

店員さん不足?と人気による大混雑で、ノロノロと進む列で待つこと50分。やっと2つ買えました。
台湾 台北 脆皮鮮奶甜甜圈 Kari ドーナツ

1つ1つをビニールの袋に入れてくれます。
揚げたてなので、ビニール越しにも温かさが伝わります。
台湾 台北 脆皮鮮奶甜甜圈 Kari ドーナツ

原味(オリジナル/プレーン)25元

シュガーパウダーがたっぷりまぶしてあります。
台湾 台北 脆皮鮮奶甜甜圈 Kari ドーナツ

出来立てを食べたかったので、店前でいただきました。
お店の前は油の匂いがしていましたが、ドーナツに油っこさは全くありません。大量のシュガーパウダーは甘さ抑えめで、見た目よりも優しい甘さです。
今まで食べたドーナツとは何かが違うサクサクふわっと軽い食感。簡単に1個ぺろり。美味しいです。
台湾 台北 脆皮鮮奶甜甜圈 Kari ドーナツ

ごちそうさまでした。出来立てが一番美味しく、時間が経つとサクサク感がなくなってしまうそうです。たくさん買いたかったけれど、一気には食べられないので諦めました。
雨の中での50分待ちは長く感じました。次回はもう少し列が短い時間帯を狙いたいと思います。

台北駅店/晴光総店

脆皮鮮奶甜甜圈は台北市内に2店舗あり、今回行った台北駅店と晴光市場にある晴光総店があります。

 脆皮鮮奶甜甜圈  台北駅店公式FB公式Twitter)11:00~19:00

脆皮鮮奶甜甜圈 晴光総店

コメント

タイトルとURLをコピーしました