旅行記 2015.11 台湾・台北

阿城鵝肉:台北の絶品ガチョウ肉 – 台湾・台北 Day3

台湾 台北 阿城鵝肉 旅行記
スポンサーリンク

2015年11月、台北に3泊4日で行って来ました。

阿城鵝肉(アーチェンアーロウ)

最終日の夕飯です。以前から食べてみたいと思っていた鵝肉(ガチョウ肉)の専門店「阿城鵝肉(アーチェンアーロウ)」に来ました。

最寄り駅であるMRT(O09)行天宮(シンティエンクン)駅からは徒歩5~6分、

MRT(O08)(G15)松江南京(ソンジャンナンジン)駅からは徒歩約10分のところにあります。

メニュー

ちょうど夕飯の時間帯だったので、店の外には待っている人たちがいました。
店内で写真付きメニューと注文用のメニュー票を貰い、一番後ろに並びました。
台湾 台北 阿城鵝肉

写真があると分かりやすく、料理が美味しそうに見えます。
注文用メニュー票に食べたいものを記入しました。
台湾 台北 阿城鵝肉

しばらく待って、席に案内されました。
ビールやジュースなどの飲み物は冷蔵庫から自分で取ってくるセルフサービスで、清算の際に飲んだ分を加算しお会計するシステムでした。
行く先々で見かけた日本語のお皿がまた出てきました。
台湾 台北 阿城鵝肉

地瓜葉 60元

サツマイモの葉の炒め物。
鷹の爪とニンニクがたっぷり入っています。食感が面白い葉っぱです。
台湾 台北 阿城鵝肉

鵝油拌飯 小15元

普通のごま塩ご飯に見えますが、鵝肉を作るときに出る脂がかかっています。
お肉と同じ香りがするので、一緒に食べると美味しく感じます。
台湾 台北 阿城鵝肉

下水湯 小60元

名前に驚く下水湯。薄味のモツのスープです。
何かは良く分からなかったけれど、どこかでちょっと苦手な味がしました。
台湾 台北 阿城鵝肉

鵝肉 後半段(もも肉)300元

つやつや脂がのっています。食べて1口で驚きました。すごく美味しいです。
後半段には小骨があるので、骨に気をつけながらいただきます。ほどよい塩味で、とてもしっとりしています。絶品です!
この写真だと量が少ないように見えるかも知れませんが、そんなことはありません。
台湾 台北 阿城鵝肉

反対側から見ると…たっぷり2段に重なっていました。
脂がかなりのっているので、たくさん食べるとちょっと脂が多いかなぁと感じました。
台湾 台北 阿城鵝肉

旅行最終日でなかったら、もう一度来れたのにと後悔したほど、本当においしかったです。
前半段(胸肉)は脂が比較的少な目で骨がないそうなので、次回は両方を食べ比べしてみたいと思います。
台北で必ず行きたいお店になりました。

2017年12月再訪しました。

お店の外観や内部の写真もあります。

阿城鵝肉 /  11:30~21:30 (公式HP

投稿時より約10ヶ月前の旅行記のため、店舗情報などに変更のある可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました