シャングリラ ラサリア リゾートのブレックファースト ウィズ ネイチャー – マレーシア・コタキナバル Day4

スポンサーリンク

2017年7月 マレーシア・コタキナバル + クアラルンプールへ行って来ました。

シャングリ・ラ ラサリアリゾート & スパ

今回の宿泊ホテルはコタキナバル空港から車で約1時間のパンタイダリットビーチ沿いに建つ「シャングリ・ラ ラサリアリゾート & スパ(Shangri-La's Rasa Ria Resort & Spa)」です。

宿泊特典  Breakfast with Nature

宿泊特典の1つ「ブレックファースト ウィズ ネイチャー」を利用して、山頂で朝食をいただきます。
ガーデンウィングの裏山に登ります。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

この宿泊特典があることは、チェックインの時に知りました。
2日目の朝の参加を希望したのですが、予約が取れず最終日の今日になりました。

集合時間はRasa Ria Reserve(自然保護区)に6時15分。
長袖・長ズボン・歩きやすい靴と虫よけが必須アイテムです。

ラサリア リザーブ

昨夜から降り続いた雨もようやく止んだようです。
Rasa Ria Reserve(自然保護区)はガーデンウィングを越えた先にあります。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

Rasa Ria Reserve(自然保護区)の入口が見えてきました。
人の気配はありませんが、電気はついています。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

集合時間通りに来たら、まだ誰もいませんでした。
グループで行くアクティビティなのかと思っていましたが、1組限定のツアーだそうです。マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

ガイドさんがいらっしゃいました。
簡単な説明があり、「頂上では好きなだけ時間をとっていいですよ」とのことでしたが、今日はホテルを発つ日なのであまり長居はできません。
ラフレシアの絵がついた水を受けとって、出発です。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

ジャングルウォーク

JUNGLE WALKへ入っていきます。
この自然保護区は、サバ州原産の動植物の保護を強化することを目的としており、 広さは64エイカー(東京ドーム 約5.5個分)、最高峰は海抜95メートル(ビル27~30階建位の高さ)があるそうです。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区 ジャングルウォーク

ガイドさんについて、森の中を歩いていきます。
チェーンソーのような聞きなれない高音がずっとしているので「何の音?」と聞いたら、「cicada(蝉)」。日本の蝉とは全く違う鳴き声でした。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

深夜から今朝にかけて降った雨のため、道はぬかるみ、少し滑りやすくなっています。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

キャノピーウォーク

地上約10m位の高さの吊り橋。
ホテルのキャノピーウォークはアトラクションとして造られたものなので、小さめで、大きく揺れることはありません。それでも下をみるとそれなりの高さがあります。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区 キャノピーウォーク

ここからビーチがみえました。ずいぶん登ってきたのがわかります。マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

キャノピーウォークは横からみるとこのような形になっています。
ホテルのアクティビティには「キャノピーウォーク」を巡るコースも別途用意されています。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区 キャノピーウォーク

更に上を目指します。
ガイドさんは歩きながら、何かを見つけると説明をしてくれます。
タランチュラのような触感だという、たくさん産毛が生えている葉を触りました。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

日頃の運動不足もあり、息が切れます。
急な階段がきつく「つらかったー」と思って振り返るとかなり高低差があります。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

頂上到着

歩くこと約30分。頂上へ到着しました。
ホテル(オーシャンウィング)が遠くに小さく見えます。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

双眼鏡を貸してくださったので、 頂上にあった2階建ての展望台から景色を眺めてみます。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

ホテルとは反対側の景色。かなり遠くまで見渡せます。
右側はゴルフ場があります。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

ブレックファースト ウィズ ネイチャー

展望台の1階を眺めると朝食セットが準備されていました。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区 朝食

本日の朝食です。
パンとフルーツ、オレンジジュース、コーヒー、紅茶、ミルクがセットされています。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区 朝食

いただきます。お皿はバナナの葉。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区 朝食

お花を飾ってくださるだけで、雰囲気が明るくなります。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区 朝食

30分の山登りで最初は暑くて優雅に食べていられませんでしたが、しばらくしたら暑さも落ち着きました。

その頃、ガイドさんは…座ってのんびり待っていてくださいます。
先に登って朝食をセットしてくださったスタッフの方とガイドさん。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

朝食を終えゆっくりしていると、黒い雲が海側からさーーーっと近づいてきました。
この雲は昨日も見た雲、シャワー(雨)のサインです。
雨が降りそうとガイドさんの方を見ると「大雨になりそうだから、急いで戻りましょう」と声がかかりました。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

雨はパラパラと降ってきましたが、木々がだいぶ防いでくれています。
30分かけて登ってきた山道を15分で駆け下りました。汗だく。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア 自然保護区

コタキナバル最終日に「自然の中で朝食」ができました。
なかなかこのような体験ができる機会はないので、良い思い出になりました。
天候に左右されるアクティビティ。朝まで降っていた雨がこの時間だけ止んでくれて助かりました。

今回のコースは「Breakfast with Nature (Standard)」スタンダードコースでした。
価格が約2.5倍の「Breakfast with Nature (Premium)」プレミアムコースもあるようです。

シャワーを浴びたらチェックアウトして、空港へ向かいます。

Nature Reserve 公式HP

記事リンク

通常のホテル朝食

ホテルアクティビティ

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です