世界遺産 フエ観光 ~ グエン王朝第2代皇帝 ミンマン帝廟 – ベトナム・フエ Day2

スポンサーリンク

2014年7月 ベトナム ・フエへ行って来ました。
世界遺産「フエの建造物群」を巡る1日ツアーに参加しました。

1802~1945年にかけてフエを都に存在したベトナム最後の王朝「グエン王朝(阮朝)」。
13代続いた皇帝のうち、廟が存在するのは7人。その中の3人の皇帝の廟(お墓)を順に巡ります。

2代目皇帝 ミンマン帝廟

1820~1841年に在位していたミンマン帝(明命帝)。
ミンマン帝は西洋文化・キリスト教の排除に努めたため、建築は純中国風で造られています。

右紅門

ミンマン帝廟へはこの門から入場しました。
ベトナム フエ ミンマン帝廟 右紅門

開かずの正門

正門(裏側)です。廟の建物はこの正門から皇帝の眠る墓まで一直線に配置されています。
中央の道路や門は皇帝専用で、この門もミンマン帝が入門した後、開かずの門となっているそうです。
ベトナム フエ ミンマン帝廟 正門

正門を入ったところには象や馬、兵(剣を持った武官、腕を組む文官)の像があります。
御霊を守る役割を担っているそうです。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

第1の建物:功績の碑

オレンジの屋根は皇帝のため建物を表しています。
ひとつ目の建物にはミンマン帝の功績を刻んだ石碑が設置されています。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

皇帝の建造物である霊廟や王宮には随所に龍の装飾があり、階段の両端にも龍があしらわれていました。
建物ごとに龍の表情が違いました。ベトナム フエ ミンマン帝廟

ミンマン帝の功績を刻み讃えた石碑。小さい文字でぎっしりと両面に刻まれていました。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

第2の建物:顕徳門

広い敷地を抜けた先に門が見えます。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

金の装飾が施された豪華な門です。
中央の門は皇帝の専用のため、現在も閉ざされています。左右の開いている門は武官、文官それぞれ専用の門です。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

第3の建物:崇恩殿

崇恩殿には皇帝と皇后の位牌が安置されています。
内部は赤と金で彩られた豪華な装飾でしたが、残念ながら撮影禁止でした。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

崇恩殿を抜けると庭と裏門があります。この裏門をくぐると4番目の建物が見えてきます。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

第4の建物:明楼

3番目の建物:崇恩殿とはかなり高低差があります。
写真は中央にかかる橋で、左右に1本ずつ全部で3つの橋があります。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

右側にかかる橋を見ると、中央に半円のトンネルがありました。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

階段を上り、明楼へ向かいます。
明楼は亡き皇帝が休憩や仕事をするための場所だそうです。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

明楼からの眺め。
再度下った左右対称の庭の奥に門が見えます。
三日月型のハス池(新月池)を渡ったその奥にお墓があります。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

第5の建物:墳墓

中華風の大きな門が建っています。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

門柱にも美しい龍の彫刻が施されています。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

階段を上り、最奥にミンマン帝の墳墓があります。
門は閉ざされ、一般公開はされていません。
墓を荒らされてないようにするため、皇帝がどの場所に埋葬されたかは公開されていないそうです。
この場所に埋葬されているのか、されていないのか誰にも真偽はわからないとガイドさんはおっしゃっていました。
ベトナム フエ ミンマン帝廟

墳墓の階段側から明楼を眺めます。
とても広い廟でした。皇帝廟の中で最大の敷地規模だそうです。
ベトナム フエ ミンマン帝廟


ミンマン帝廟(Minh Mạng Emperor's Tomb)

投稿時より約2年前の旅行記のため、情報に変更のある可能性があります。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です