2018.09 シンガポール 旅行準備 旅行記

セントーサ島への行き方(セントーサ・エクスプレス編)- シンガポール

シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス 2018.09 シンガポール
スポンサーリンク

2018年09月、シンガポールに5泊6日(機内泊含) で行ってきました。

セントーサ島とは

セントーサ島(公式HP)とは、シンガポールの南側にある小さな島で、シンガポールの観光スポットの1つです。1970年代から観光開発が進められ、リゾート施設やレジャー施設が多くあります。
セントーサ島にはユニバーサル・スタジオ・シンガポールを始めとする遊園地、水族館、ゴルフ場、ヨットハーバーなどがあり、南側はビーチが続いています。

セントーサ・エクスプレスを利用したセントーサ島への行き方

シンガポールからセントーサ島(公式HP)へ向かいます。
(NE1)(CC29)HarborFront/ハーバーフロント駅に行き、モノレール「セントーサ・エクスプレス」に乗り換えます。

ハーバーフロント駅の改札を出たら、ショッピングモール「VivoCity(公式HP)」方面に向かいます。
セントーサ・エクスプレスの乗り場はVivoCityの3階にあります。
シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

VivoCityの中にも案内が出ているので、案内板に沿って歩けば安心です。
シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

エスカレーターで上に上がります。色々な形で案内表示が出ています。
シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

(追記)2019/04~ 駅名が変更になりました
  • 旧駅名:Sentosa station(セントーサ駅)→ 新駅名:VIVO city station(ビボシティ駅)

旧駅名:Sentosa Station

VivoCity3階にある「Sentosa Station(セントーサ駅)/新駅名:VIVO city station(ビボシティ駅)」に到着しました。

シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

Island Admission Fee

改札左側にあるオレンジ色のところで、セントーサ島へのチケット(Island Admission Fee/入島料)SG$ 4を購入します。
交通ICカード(Ez-LinkやNETS Flash Pay)を利用する場合には、ここでチケットを購入する必要はありません。
シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

交通ICカード(Ez-LinkやNETS Flash Pay)を使うと自動改札でIsland Admission Fee(入島料)を清算できます。

今回はNETS Flash Payを利用しました。
シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス Net Flash Pay

改札を通り、ホームにきました。
セントーサ島内の駅は3つ「Waterfront/ウォーターフロント(新駅名:Resorts World/リゾートワールド)」「imbiah/インビア」「Beach/ビーチ」です。
今回はUSS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)へ行くので、次の駅「Waterfront/ウォーターフロント(新駅名:Resorts World/リゾートワールド)」で降ります。シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

セントーサ・エクスプレスの電車は約4分毎に発車しています。
シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

発車するとすぐにコンテナクレーンが建ち並ぶ港が見えてきます。シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

セントーサ島へはセントーサ・エクスプレスを利用する以外にケーブルカー(公式HP)、車(バス)、徒歩や自転車でも入れます。
Island Admission Fee(入島料)は入島方法によりそれぞれ違い、時期によっても変わるようです(参照:公式HP)。徒歩での入島は2020年12月末まで無料です。
シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

セントーサ島が見えてきました。
滝が流れていたり、城がみえたりとリゾート雰囲気が満載です。
シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

(追記)2019/04~ 駅名が変更になりました
  • 旧駅名:Waterfront station(ウォーターフロント駅)→ 新駅名:Resorts World station(リゾートワールド駅)

旧駅名:Waterfront Station

セントーサ島最初の駅「Waterfront station(ウォーターフロント駅)/新駅名:Resorts World station(リゾートワールド駅)」に到着しました。
改札はありません。入島時に島内の交通費を含むIsland Admission Fee(入島料)を前払いで支払っているので、島内では無料で乗車できます。帰りも無料でシンガポールへ戻れます。
シンガポール セントーサ島 セントーサ・エクスプレス

Resorts World station

コメント

タイトルとURLをコピーしました