世紀豆漿大王:雙連朝市近くで台湾式朝食 – 台湾・台北 Day3

スポンサーリンク

2017年12月、台北に3泊4日で行って来ました。

世紀豆漿大王(スージードウジャンダーワン)

雙連朝市(シュアンリェンザオスー)近くの豆漿店へ台湾式朝ごはんを食べに向かいます。
MRTR12雙連(シュアンリェン)駅の2番出口を出たら、右側へ出ます。
台湾 台北 雙連朝市

雙連駅出口のすぐそば、雙連朝市の歩道を挟んだ向かい側にあるのが「世紀豆漿大王(スージードウジャンダーワン)」です。
台湾 台北 世紀豆漿大王

注文は入口のカウンターで口頭注文です。
日本語訳された簡易メニューと記入式の注文表もあるようです。
台湾 台北 世紀豆漿大王

メニューは22種類。
食べるメニューは事前にホテルで決めて、紙に書いてきました。
その紙をカウンターで渡したら、店員さんに喜ばれました。
入口が狭いので、事前にメニューを決めておくとスムーズです。
台湾 台北 世紀豆漿大王

店内は地元の方々でにぎわっていました。
台湾 台北 世紀豆漿大王

注文した4品が揃いました。
台湾 台北 世紀豆漿大王

鹹豆漿(シェントウジャン) 25元

メニュー番号8番、油條もねぎもたっぷり入った美味しい鹹豆漿(食べる豆乳スープ)。
甘い豆漿よりもこちらの鹹豆漿が好きです。このお店の鹹豆漿は酢が強めでした。
台湾 台北 世紀豆漿大王 鹹豆漿

飯糰(ファントヮン)30元

メニュー番号15番、飯糰。台湾式のもち米のおにぎりです。
台湾 台北 世紀豆漿大王 飯糰

中身は具だくさんで、サクサクの油條や肉髭(お肉のでんぶ)などが入っています。
周りがモチモチしていて食べやすいです。
台湾 台北 世紀豆漿大王 飯糰

蛋餅(タンビン)25元

メニュー番号16番、蛋餅。台湾式卵焼き。素朴な味で好きな一品です。
台湾 台北 世紀豆漿大王 蛋餅

小籠包(シャオロンパオ) 70元

メニュー番号11番、小籠包。小さな肉まんのようです。普通のお皿に盛られて提供されました。
台湾 台北 世紀豆漿大王 小籠包

皮は厚めで肉汁はなく、脂っぽくありませんでした。ミニ肉まんです。
イメージしていた小籠包とは違いましたが、朝食にはちょうど良く食べやすい味でした。
台湾 台北 世紀豆漿大王 小籠包

テーブルの上には味付け用のソースとソース用のピンクの小皿が用意されています。
少し遠くからソースがかけられる面白い形の容器です。
台湾 台北 世紀豆漿大王

台湾に来たら、台湾式の安くて美味しい朝ごはん(特に鹹豆漿)を食べずには帰れません。
ごちそうさまでした。

世紀豆漿大王の前にはレンタル自転車(YouBike)置き場があり、通りの向こうは「雙連朝市(シュアンリェンザオスー)」。賑わっています。


台湾 台北 世紀豆漿大王

世紀豆漿大王 / 04:00~11:30

雙連圓仔湯(スァンリェンユェンズタン)

MRTR12雙連駅の近くには、台北市内に1軒しかない1951年創業の老舗甘味処「雙連圓仔湯」があります(2015年11月訪問記)。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です