雙連圓仔湯:台北老舗の甘味処 – 台湾・台北 Day2

スポンサーリンク

2015年11月、台北に3泊4日で行って来ました。

老舗甘味処  雙連圓仔湯(スァンリェンユェンズタン)

台北市内に1軒しかない1951年創業の老舗甘味処「雙連圓仔湯(スァンリェンユェンズタン)」へ向かいます。
最寄り駅であるMRT(R12)双連駅(シュアンリェン)から徒歩2分のところにあります。

綺麗な店内に入ると、2階に通されました。

メニュー

日本語の載っている写真付メニューをくださいました。写真があると分かやすいです。
台湾 台北 雙連圓仔湯

写真付メニューと一緒にもらった注文用のメニュー票。
黄色いメニューが温かい食べ物用で、左側に少し見えている水色のメニューが冷たい食べ物用です。
写真付メニューと照らし合わせながら、必ず食べようと思ってきた焼麻糬 (揚げきなこ餅)とタロイモ入りの湯圓を注文します。
台湾 台北 雙連圓仔湯

焼麻糬(甜) 75元

揚げきなこ餅と日本語では書いてありますが、実際はピーナツの粉がかかったお餅です。
お餅は揚げるのではなく、低温の油で15分ほどじっくり煮るのだそうです。

(甜) と書かれた甘いタイプを頼みました。
(鹹) とメニューにはあるので、しょっぱいタイプもあるようです。
ふわふわ温かく、ピーナツが香ばしく美味しい。油っこくはありません。
台湾 台北 雙連圓仔湯

花生芋塊湯圓 (ピーナッツ・タロイモ・白玉) 75元

お汁粉というと小豆が入っているイメージがありますが、今回は小豆が入っていないものを選びました。
あっさりとした甘みで、ほっとするやさしい味です。
温かくやわらかいピーナツは日本ではあまり食べませんが、美味しいです。
台湾 台北 雙連圓仔湯

台湾の甘味を堪能しました。

雙連圓仔湯 / 10:30~22:30 (公式HP
台湾 台北 雙連圓仔湯
台湾 台北 雙連圓仔湯

投稿時より約10ヶ月前の旅行記のため、店舗情報などに変更のある可能性があります。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です