旅行記 2017.07 マレーシア・コタキナバル/クアラルンプール

国立モスク(マスジッド・ネガラ/Masjid Negara)– マレーシア・クアラルンプール Day5

マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ 旅行記
スポンサーリンク

2017年7月 マレーシア・コタキナバル + クアラルンプールへ行って来ました。

国立モスク(マスジッド・ネガラ/Masjid Negara)

セントラル・マーケットからしばらく歩くと、道の向こう側に国立モスク(マスジッド・ネガラ)のターコイズブルーの三角屋根が見えてきました。
道路は相変わらず渋滞しています。地下連絡道を使って向こう側へ渡ります。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

モスクへ到着しました。
今日は金曜日、イスラム教の集団礼拝の日です。礼拝のため金曜日の見学は不可というモスクもありますが、ここ国立モスクは見学できる時間帯が午後に2回あります。
礼拝後なのか、入口には小学生くらいの子供たちがたくさんいました。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

観光客用の入口は反対側のようなので、モスクの周りを歩きます。
通路には八芒星を中心に幾何学模様が描かれています。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

植え込みにも八芒星が模られていました。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

真っ白な壁にイスラム風の幾何学模様が美しいモスクです。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

この入口も封鎖されていました。
さらに先の入口が観光客に開放されているようです。既に観光客が集まっているのが見えます。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

見学時間

開門時間前に間に合いました。
観光客が国立モスクを見学できる時間は限られています。通常は9:00~12:00/15:00~16:00/17:30~18:30の3回、金曜のみ15:00~16:00/17:30~18:30の2回です。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

まずはインフォメーションカウンターに並びます。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

台帳に代表者の名前とどこの国から来たか、人数などを記入します。記入が終わったら、靴を脱ぎ靴箱へ入れます。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

服装制限

神聖なモスクへは肌を多く露出した服では入場できません。 服装に注意が必要です。
モスク入口で全身を覆い隠す長いローブを貸してくれます。
女性は頭髪も隠す必要があるので、基本的にローブを着用します。男性は入口で係員の服装チェックを受け、タンクトップや短パンなど肩や脚を露出した服装の場合にはローブを着用する必要があります。
ローブは係の方が着せてくださるので、着方が分からなくても問題ありません。
また、裸足でも靴下を履いていても入場は可能ですが、濡れていたり、汚い靴下は脱ぐようにと注意書きがありました。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

入口で身支度をきちんと整えてから、階段を上り中へ入ります。
貸出数は少ないようでしたが、希望すればローブを着用した上から頭に巻くヒジャブも貸し出していました(写真には黒やグレーのヒジャブをつけた方々が写っています)。こちらも係の方が着せてくださるので、着方が分からなくても問題はありません。
徒歩で急いで来たこともあり、額から汗をかくほど暑かったので、ローブだけにしておきました。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

マスジッド・ネガラ 内部

入口にあるこの黒いマークは、この建物はマレーシアの国家文化遺産として守られていますというマークのようです。日本でいう重要文化財のようなものだと思います。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

礼拝堂へ向かい、廊下を歩きます。
先程、裏口で会った白いヒジャブの子供たちにまた会いました。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

時計の文字盤がアラビア文字でした。ところどころなんとなく読めるような気がします。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

英雄廟

まず最初に一番奥にある建物を見学します。英雄廟(Maqam Pahlawan)と呼ばれるお墓です。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

屋根の形と三角の窓から見える美しい緑が印象的な廟にはマレーシアで功績のあった政治家、指導者たちが埋葬されています。現在4つの棺が納められていて、あと3ヵ所棺を納めるための場所がありました。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

メインホール(礼拝堂)

この国立モスク(マスジッド・ネガラ)は1965年に独立とマレーシア統一の象徴として建設されました。モダンなデザインが特徴的です。ミナレット(尖塔)の高さは72mもあります。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

噴水の隣にあるこのターコイズブルーの建物がメインホール(礼拝堂)です。
屋根の三角の部分にステンドグラスが施されています。三角屋根は全部で14あり、マレーシアの13の州とクアラルンプールを表しているのだそうです。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

美しいステンドグラスのメインホールは約8,000名の信者が一度に礼拝できる広さがあります。
シャンデリアや天井の模様も素敵です。信者以外の方は入れません。信者の方々に配慮し、外側からの見学、写真撮影は可能です。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

メインホールの正面へ来ました。
ホールの正面奥がメッカの方向を示しているのだそうです。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

礼拝堂前はたくさんの柱が立つホールがあり、美しく神秘的です。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

入口では色々なグッズも販売しています。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

暑かったローブを返却して、一息してから外に出ました。
このミナレット(尖塔) に一番近い出入口が観光客用に開放されています。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

遠くにKLタワーがみえました。
マレーシア クアラルンプール 国立モスク マスジッド・ネガラ

クアラルンプール駅へ歩いて向かいます。
国立モスク(マスジッド・ネガラ)へ行くには(から帰るには)、KTMコミューター(KA02) クアラルンプール駅が分かりやすい最寄り駅だと思います。

 

国立モスク(マスジッド・ネガラ)公式HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました