セントラル・マーケットでオールドタウン・ホワイト・コーヒー – マレーシア・クアラルンプール Day5

スポンサーリンク

2017年7月 マレーシア・コタキナバル + クアラルンプールへ行って来ました。

クアラルンプール・シティギャラリーからチャイナタウンへ

クアラルンプール・シティギャラリー(Kuala Lumpur City Gallery)からチャイナタウン方面への道は工事中でした。

マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット

セントラル・マーケット

水色の建物が見えてきました。セントラル・マーケットです。
1888年に統治下のイギリスによって建てられ、当時は生鮮市場として利用されていました。
1985年に現在の雑貨やお土産などを扱うパステルカラーの店舗へと変わりました。店内の見学と涼みに来ました。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット

内部は小さなお店がたくさん集まっていて、1階にはお土産や雑貨など、2階には衣料品を販売しています。
1階には「リトル・インディア」「マレーストリート」「華人街」など名前がついている小道もあり、それぞれ伝統的な工芸品や雑貨などが並んでいます。
写真は「マレーストリート(Malay Street)」。マレーシアのお土産として有名な「なまこ石鹸」やお菓子がありました。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット

オールドタウン・ホワイト・コーヒー

オールドタウン・ホワイト・コーヒー(Oldtown White Coffee/公式HP)を見つけました。
マレーシアのローカルコーヒーチェーン店で、市内に多く店舗があります。
シンガポール、インドネシア、中国、香港、オーストラリアなど海外にも展開しています。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット オールドタウンホワイトコーヒー

クアラルンプール滞在中に一度は行こうと思っていたお店なので入ってみます。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット オールドタウンホワイトコーヒー

メニュー

コーヒーだけでなく、食事メニュー(公式HPメニュー)も充実しています。
暑さで食欲はほとんどありませんが、お昼がまだなので少し何か見てみようと思います。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット オールドタウンホワイトコーヒー

まずはコーヒー。
ホワイト・コーヒーとはコーヒー豆を焙煎するときに少量のマーガリンを加えて焙煎したもので、苦みが少なく、コクがあり、ベトナム珈琲のように加糖練乳で甘味を加えています。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット オールドタウンホワイトコーヒー

シンガポールでもよく見かけるカヤトーストやピーナツバタートーストをはじめ、ガーリックトースト、フレンチトーストまであります。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット オールドタウンホワイトコーヒー

麺類やご飯類もたくさんの種類があります。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット オールドタウンホワイトコーヒー

注文は机に用意されたオーダーシートに記入して店員さんに渡すようなので、「どう書くのかな?」と見ていたら、店員さんが口頭でオーダーを取ってくれました。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット オールドタウンホワイトコーヒー

Oldtown White Coffee(Cold) RM4.70

看板メニューのオールドタウン・ホワイト・コーヒーを注文しました。
甘味を抑えられると書いてあったので、注文した2つのうち1つを甘さ控えめにしました。
両方を飲み比べてみましたが…大きく差はありませんでした…。
暑い国では甘いコーヒーがさらに美味しく感じます。マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット オールドタウンホワイトコーヒー

PeanutButter Toast(double)RM4.60

ピーナツバタートーストです。
こちらはいたって普通のサクサクトースト。マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット オールドタウンホワイトコーヒー

オールドタウン・ホワイト・コーヒー(公式HP

有料御手洗

国立モスク(マスジッド・ネガラ)の17:30からの見学時間に間に合うように向かいます。
残念ながら、チャイナタウンを散策する時間はなくなってしまいました。

モスクへ行く前にセントラル・マーケット内の御手洗へ行こうと思ったら、有料でした。
50 Sent コイン(0.5 RM =13円位)をゲートに入れて入場します。

手持ちに50 Sentコインがなかったので、トイレの前にいらっしゃる係の方に両替をしてもらいました。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット

トイレの造りはよかったのですが、有料であってもいつも綺麗とは限らないのは仕方がありません。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット

退出は「OUT」と書かれた出口専用ゲートから出ます。
マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット

セントラル・マーケットを出ました。
店内は広すぎて、一部しか見て回ることはできませんでした。フードコートやニョニャ料理のお店もあったようですが、見つけられませんでした。

国立モスク(マスジッド・ネガラ)へ歩いて向かいます。

マレーシア クアラルンプール セントラルマーケット

セントラル・マーケット (公式HP

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です