旅行記 2016.05 台湾・高雄/台南

興隆居:高雄での台湾式朝食 – 台湾・高雄 Day2

旅行記
スポンサーリンク

2016年5月、台湾・高雄/台南 に行って来ました。

興隆居(シンロンヂィー)

今日は日帰りで台南へ行きます。

その前に(O4)市議会(シーイーフゥィ)駅から徒歩4~5分のところにある高雄の有名店「興隆居(Xing Long Ju/シンロンヂィー)」へ朝ごはんを食べに来ました。

店の外まで列が出来ています。次々と人が来て並んでいます。
台湾高雄の興隆居

「外帯(持ち帰り)」「内用(店内)」で並ぶ列が分かれているのが普通だと思っていましたが、興隆居は「湯包」「焼餅」の看板メニュー別に列ができていました。
看板メニューの「湯包」を食べるため、左側の列に並びました。
台湾高雄の興隆居

列に並びながら、店先で次々に作っているのを見学しました。
台湾高雄の興隆居

注文カウンターへ着くと「箱(持ち帰り用)?皿(店内用)?」と指さしで聞かれたので、皿を指さして「湯包」を無事に受けとりました。

湯包の列はここで行き止まりです。「さて、この後はどうしたら?」と見まわすと、隣の焼餅を提供するところの前で 湯包・焼餅2つの列が合流していることを発見しました。
焼餅の列に並んでいる人の後ろを通り、合流地点の最後尾へ並びました。

店内の棚に並ぶ他の商品を選びながら進み、最後に豆漿を注文します。
ここは「熱い?冷たい?」「甘い?甘くない?」と日本語で聞いてくれました。
朝からとても暑かったので、冷たい冰豆漿を選び、お会計しました。4品で80元でした。

2階のテーブル席へ

1階は満席だったので、2階のテーブル席へ向かいます。
お箸やソースはセルフサービスで、共有スペースから必要な分だけ取り分けます。
台湾高雄の興隆居

湯包 15元 (左)

看板メニューの肉まん。野菜餡がザクザクジューシーでした。
意外にさっぱりとしていて、いくつでも食べられそうな美味しさでした。ソースをつけると味の変化が楽しめます。

蘿蔔糕 20元(右)

大根餅。ソースをつけていただきます。
柔らかくて食べやすい一品ですが、油っぽさがあり完食できませんでした。
台湾高雄にある興隆居の湯包と大根餅

割包 30元

豚肉高菜バーガー。豚肉に甘い高菜がたっぷり入っていました。
甘い味付けの高菜に慣れていないので、最初は変な感じがしましたが、意外な美味しさに驚きました。
食べ進むと高菜と包の間にジャリジャリと砂糖のような食感の甘いものが入っていました。肉鬆(ロウソン/甘く味付けされた肉のふりかけ)ではないかと思います…食感が苦手でした。
台湾高雄にある興隆居の豚肉割包

冰豆漿 15元(右上)

暑い日だったので、冷たい豆乳ドリンクを選びました。
豆の味がしっかりしていましたが、全糖にしたら甘みが強すぎました。
温かい鹹豆漿(食べる豆乳スープ)の方が、味がさっぱりしたかもしれません。
台湾高雄にある興隆居での朝ごはん

全体的に油っぽい朝ごはんになってしまいました。
次回は組み合わせをもう少し考えて選ばないといけないなと思いました。

興隆居 / 03:00〜11:00

台湾式朝食

高雄では別のお店でも台湾式朝食をいただきました。

UFOキャッチャー

最寄りの地下鉄(市議会駅)に戻りました。
高雄の地下鉄駅ではUFOキャッチャーをよく見かけます。近づいてみると…台湾高雄地下鉄にあるゲームコーナー

ぐでたま がいました! かわいい。
台湾高雄 ゲームコーナーにいた ぐでたま

台鉄の高雄駅へ向かい、日帰りで台南へ行きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました