旅行記 2016.05 台湾・高雄/台南

高雄婆婆冰:マンゴーかき氷 – 台湾・高雄 Day1

旅行記
スポンサーリンク

2016年5月、台湾・高雄/台南 に行って来ました。

高雄婆婆冰(カオションポーポービン 旗艦店)

美味しい鴨肉の夕飯のあとはデザートへ向かいます。
「高雄 マンゴーかき氷」で検索すると必ずヒットするお店「高雄婆婆冰(Gao Xiong Po Po Bing/カオションポーポービン)」が鴨肉珍の近くにあります。

台湾 高雄婆婆冰 (旗艦店)

最寄り駅である(O2)鹽埕埔(えんていほえき/イェンチェンプー)駅からは徒歩5~6分のところにあります。

メニュー

お店の前から壁のメニューが見えたので、筆談用にメモしようとしていたら中から声をかけられました。台湾 高雄婆婆冰 (旗艦店)

指さし注文後に会計をし、席につきました。
他のお客さんを見ていたところ、こちらの注文方法はメニューに記入するようです。

  1. 入口でメニューと赤鉛筆を受けとり、空いている席を確保
  2. 注文したいものを赤鉛筆でメニューに直接記入(チェック)する
  3. メニューを持って会計で支払い
  4. 席に戻って待つ

この旅行初のマンゴーミルクかき氷が来ました。

芒果牛奶冰(雪花)120元

マンゴーは一つ一つのカットが大きく食べ応えがあります。
今年はマンゴーが不作だと聞いていたのに甘いと思いながら、2個目を食べると「ん?」今度はなんとなくメロンっぽい味がしました。甘味が足りないマンゴーもあるようです。
上に2つのっているマンゴーアイスは美味しく、ふわふわの氷も甘く、全体的には満足しました。
台湾 高雄婆婆冰のマンゴーかき氷

隣のお席ではカットされたトマトを黒っぽいタレにつけて召し上がっていました。
この蕃茄切盤(45元)は台湾南部ならではのメニューで、台湾ではトマトをフルーツとして楽しむのだそうです。

高雄婆婆冰 旗艦店公式FB公式Instagram
高雄婆婆冰 (旗艦店)

コメント

タイトルとURLをコピーしました