スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院:シンガポールのヒンドゥー教寺院 – シンガポール Day4

スポンサーリンク

2015年07月、シンガポールに5泊6日(機内泊含) で行ってきました。

最寄り駅(NE8)Farrer Park

先にスリ・バダパティラ・カリアマン寺院を見学し、(NE8)Farrer Park/ファーラー・パーク駅方面へ戻ってきました。

Sri Srinivasa Perumal Temple (スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院)

(NE8)Farrer Park/ファーラー・パーク駅を出て2~3分歩くと、すぐに見えてきます。
ヒンドゥー教の三最高神の1人であるヴィシュヌ神を祀った寺院です。
シンガポール スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院

ゴープラム(ピラミッド型の塔門)がとても美しいです。
シンガポール スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院

世界を維持する役目を負った神ヴィシュヌは「アヴァターラ(アバターの語源)」と呼ばれる10の化身を持っています。
ここには12人います。ガネーシャ(象)とハヌマーン(猿)も並んでいるようです。
シンガポール スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院

たくさんの神様がいらっしゃいます。シンガポール スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院

信者の方々は入口で足を清めてから中へ入っていました。
内部は土足厳禁。靴は入口付近に適当に置いていきます。
シンガポール スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院

沖縄のシーサーのような像が入口左右を守っています。
シンガポール スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院

鮮やかな彫刻がほどこされた祭壇
シンガポール スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院

ヒンドゥー教の神様

(1) 中央:ヴィシュヌ

ヒンドゥー教の三最高神の1人。
慈悲深く、温厚公正で、世界を維持する役目を担う神。

(2) 左上:神鳥ガルーダ

ガルーダはヴィシュヌ神の乗り物で、鳥の姿が多い。
時に人間に翼が生えた姿で表現されることもあるそうです。

(3) 左下:ラクシュミー

優美、幸運、繁栄、栄誉、豊穣の神。ヴィシュヌ神の妻。
赤い蓮の花の上に乗り、両手にも赤い蓮の花を持っています。仏教では吉祥天。

(4) 右上:ハヌマーン

強い戦士である猿の神様。
西遊記の孫悟空のモデルになった神様といわれています。

(5) 右下:サラスバティー

蓮の花の上に乗り、ヴィーナという楽器を持っています。
音楽・知恵・芸術・学問などの神。日本では弁天様。
シンガポール スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院

同じ神様がいろんなところにいらっしゃるので、少しでも知っている神様がいると探すのも楽しいです。
シンガポール スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院

記事リンク:シンガポールのヒンドゥー教寺院

  1.  スリ・バダパティラ・カリアマン寺院 - Sri Vadapathira Kaliamman Temple
  2.  (当記事)スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院 - Sri Srinivasa Perumal Temple
  3.  スリ・ヴィラマカリアマン寺院 - Sri Veeramakaliamman Temple
  4.  スリ・マリアマン寺院 - Sri Mariamman Temple

スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院公式HP
06:00~12:00 / 18:00~21:00  ・ 土05:30~12:30 / 17:30~21:30

Serangoon Rd(セラングーン・ロード)を歩いてスリ・ヴィラマカリアマン寺院へ向かいます。

投稿時より約1年前の旅行記のため、店舗情報などに変更のある可能性があります。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です