アンバサダー・トランジット・ラウンジ – シンガポール・チャンギ国際空港(ターミナル3)

スポンサーリンク

2018年09月、シンガポールに5泊6日(機内泊含) で行ってきました。

プライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジ(シンガポール)

楽天プレミアムカードの特典を利用して、プライオリティ・パスを作りました。


シンガポール・チャンギ国際空港(ターミナル3)にはプライオリティ・パスで利用できるラウンジが4つあります。

  1. Ambassador Transit Lounge(アンバサダー・トランジット・ラウンジ )
  2. dnata Lounge(ディナタ・ラウンジ)
  3. Sats Premier Lounge(SATS プレミア・ラウンジ)
  4. The Haven by Jetquay(ザ・ヘイブン・バイ・ジェットキー)
    ※The Havenは到着ロビー(パブリックエリア)にあるので、チェックイン前に利用できます。

アンバサダー・トランジット・ラウンジ

Ambassador Transit Lounge(アンバサダー・トランジット・ラウンジ/公式HP)にきました。
受付を済ませると、アルコールが欲しいかを聞かれました。アンバサーラウンジではアルコールは有料です。私たちは必要ないと答えましたが、必要な場合はここで会計になるのかもしれません。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 ラウンジ AMBASSADOR Transit Lounge アンバサダー

ラウンジ利用は3時間までと決められています。
入室時に利用終了時間が書かれたシールを渡され、胸に貼ってくださいと言われました。一緒にラウンジで使用できるWi-Fiのパスワードを受けとりました。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 ラウンジ AMBASSADOR Transit Lounge アンバサダー

ラウンジ内部は天井が低めで、少し古いデザインと感じる細長いスペースでした。
入口付近(写真奥)がソファ席コーナーで、奥(写真手前)に食事コーナーとテーブル席が並びます。
暗めの照明で(写真は明るく撮れています)、席と席の間隔が近く、既にほとんどの席が埋まっていたこともあって狭く感じました。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 ラウンジ AMBASSADOR Transit Lounge アンバサダー

食事コーナー

トースターの横にはパンとジャム類が並び、隣にはスープポットがあります。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 ラウンジ AMBASSADOR Transit Lounge アンバサダー

チキンパイもありました。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 ラウンジ AMBASSADOR Transit Lounge アンバサダー

ご飯やカレー、パスタなど温かい食事もあります。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 ラウンジ AMBASSADOR Transit Lounge アンバサダー

調理カウンターがあり、注文すれば、この日は「ラクサ」を作ってくれるようでした。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 ラウンジ AMBASSADOR Transit Lounge アンバサダー

サラダコーナーには野菜やコーンが並び、端にドレッシングがあります。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 ラウンジ AMBASSADOR Transit Lounge アンバサダー

2種類のシリアルの左右にはドリンクマシーンが並びます。
ソフトドリンクだけでなく、コーヒーマシーンや紅茶のティーバックなどもありました。
シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 ラウンジ AMBASSADOR Transit Lounge アンバサダー

別のラウンジへ

混雑していて圧迫感があったこと、食事があまり好みでなかったこともあり、早々に退出して他のラウンジへ移動することにしました。
料金を気にせず移動できるのはプライオリティ・パスのメリットのひとつです。


外に出ると、次々と受付に人が来ていました。利用客は西洋系の方が多い印象でした。
今回は食事エリアとラウンジしか確認しませんでしたが、シャワールーム、マッサージ、リフレクソロジーなども揃っています(公式HP)。シンガポール チャンギ国際空港 ターミナル3 ラウンジ AMBASSADOR Transit Lounge アンバサダー

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です