熊本から高速バス(りんどう号)で長崎・軍艦島上陸クルーズへ(日帰りバス旅)

スポンサーリンク

2017年04月 滞在していた熊本から日帰りで軍艦島(長崎県)へ行ってきました。

日帰りバス旅

所用で滞在していた熊本から産交バス主催の「日帰りバス旅」で長崎・軍艦島へ行ってきました。
高速バスの乗車券と軍艦島クルーズ券が一緒になったお得なセット券で、ガイドの同行はなく各自で移動します。

VELTRA(ベルトラ)

九州産交ツーリズム:日帰りバス旅 軍艦島上陸クルーズ(熊本発)
icon
料金 : 6,500円 5,900円(税込)/ 軍艦島上陸代 別途300円
旅程 : 熊本交通センター→長崎駅→長崎港→ブラックダイヤモンドで軍艦島クルーズ+軍艦島上陸→長崎港→長崎駅→熊本交通センター

(参照)九州産交ツーリズム

九州産交ツーリズムHPからも同内容のツアーを予約・申込みできます。
路線バスの旅)日本を支えた産業遺産 軍艦島上陸クルーズ

2018/04 追記
※料金が5,900円から6,500円へ変更になりました。

交通センター 仮バスターミナル

熊本市内にある交通センターのバス総合案内所に来ました。
現在は再開発中のため、仮バスターミナルで営業しています。
熊本県 熊本市 交通センター バス総合案内所

総合案内カウンター(1)発券窓口(日帰りバス旅)で受付をします。
熊本県 熊本市 交通センター バス総合案内所

最終行程表を受け取りました。
この用紙が熊本⇔長崎間のバスチケットと軍艦島クルーズの引換証になります。
熊本県 熊本市 交通センター バス総合案内所

09:10 熊本交通センター発 長崎行

「りんどう号 長崎行き」のバス乗り場は25番です。
熊本県 熊本市 交通センター バス総合案内所

熊本交通センターから九州自動車道、長崎自動車道を通り、終点1つ手前の長崎駅前で下車します。
りんどう号の通常料金は片道3,700円、往復は割引があり6,670円です。
日帰りバス旅は軍艦島クルーズ(3,600円)を含み 5,900円(2017/04時点)なので、かなりお得です。
熊本県 熊本市 交通センター バス総合案内所 りんどう号

熊本交通センターから09:10発の「りんどう号 長崎行き」に乗りました。
座席指定制 (要予約)です。乗車時にチケットを運転手さんに提示し、指定された座席番号へ着席します。
熊本県 熊本市 交通センター りんどう号 長崎行

内部は3列シートで、席は幅が広く、ゆったりしています。
熊本市内でほぼ満席になりましたが、圧迫感はありませんでした。
熊本県 熊本市 交通センター りんどう号 長崎行

指定された3Aの席に座ります。
熊本県 熊本市 交通センター りんどう号 長崎行

佐賀県 山浦PA

熊本交通センターから長崎駅前までは約3時間20分という長い道のりです。
熊本から1時間半程のところにある佐賀県 山浦PAで約10分間の休憩がありました。

この山浦PAは長崎発着の高速バスの休憩場所として利用されているそうです。
佐賀県 りんどう号 長崎行

12:45 長崎駅前到着

途中の道路混雑で予定より約15分遅れで長崎駅前に到着しました。
バスを下りるときもチケットを見せる必要があります。

ここから軍艦島クルーズの事務所へ向かいます。


長崎県 長崎市 長崎駅前 りんどう号

軍艦島記事リンク

  1. (当記事)熊本から高速バス(りんどう号)で長崎・軍艦島上陸クルーズへ
  2. 長崎駅から軍艦島クルーズ事務所へ行く
  3. 長崎 元船桟橋からブラックダイヤモンド号に乗り、軍艦島に向け出港
  4. 世界遺産「高島炭鉱」のある高島へ到着
  5. 世界遺産「軍艦島」島を海上から見学
  6. 世界遺産「軍艦島」 上陸見学(その1)
  7. 世界遺産「軍艦島」 上陸見学(その2)
  8. 世界遺産「軍艦島」 から長崎港へ戻る
  9. 長崎名物一口餃子の夕食
  10. 長崎から高速バス(りんどう号)で熊本へ戻る
スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です