ホーチミン・タンソンニャット国際空港でSIMを買う – ベトナム・フーコック島 Day1

スポンサーリンク

2016年7月 ベトナム フーコック島へ行って来ました。

ベトナムの携帯会社(キャリア)

ベトナムの大きな携帯会社(キャリア)は以下の3社だそうです。
どこも似た感じでしたが、少し調べて 漠然とmobifone (モビフォン)がいいなと思っていました。

  • mobifone
  • viettel
  • vinaphone

SIMカードの購入は基本的に現金のみなので、まず両替をしました。
両替カウンターの先に3社が並んでいます。


ベトナム タンソンニャット国際空港

mobifone SIM購入

mobifoneの青い看板の店舗へ行ったら、出てきた料金表がviettelのみ。
viettel(ビッテル)を売っていました。
mobifone?って聞いたら、「viettel mobifone」という答え。
ん?どういうことだろう???

隣のサービスセンター(Travel Information & Service Center)はmobifone と書いてあったので、

→ モビフォン?
「モビフォン。 SIMは180,000ドン (約860円) だよ」
→ プランは?
(無視された…ネットで見た料金表は基本30日間のプランだから大丈夫かな)

→ インターネットだけで
「そう、無制限 (unlimited)」
→ 2枚欲しい
「(計算機で数字を見せながら)360,000ドン。機種は?」
→ iPhone

担当のお兄さんは手際よく手元の携帯でアクティベーションしてから、SIMカッター取り出して切り始めました。ベトナム タンソンニャット国際空港 SIM売場

Nano-SIMサイズにカット。 mobifone のMの文字も切れてます。
iPhoneにセッティングしてくれて、1台目完了。
SIM ベトナム Mobifone

2台目の作業しながら
「タクシーいる?」
→ いらない
「これからどこか飛ぶの?ダナン?」
→ ちがう、フーコック
「国内線はそこ出て右行って、5分くらい歩いたところだよ。」
→ ありがとう
「フライトは何時?」
→ 3時、、、15分(fifteen)?50分(fifty)?(出発時間を覚えていませんでした…)
「急がないと行けないね」
→ そう、あまり時間ない
「航空会社どこ?」
→ ベトナム航空
「ベトナム航空は1番奥だよ」
→ ありがとう

こんな話をしてたら、2台目も完了。
全ての設定をしてくれたので、自分では何もせずにネット接続できました。

SMSメッセージ

毎日同じ時間に ベトナム語のメッセージが999 から送信されてきました。
結果から言うと、無視して大丈夫でした。
ベトナム語は全く分からないので、翻訳したところ
チャージ残高を使って プランを変えてもいいよーという趣旨の広告のようです。

モビフォン メッセージ

 

感想

ベトナムは3G 回線なので、速度はそれなりではありますが、離島である フーコックでも 問題なく使えました。
日本から wi-fi機器をレンタルして持ってくると、少なくとも4~5千円はかかりますが、SIMだと 860円程度と料金もとても安く抑えられました。

全て設定もしてくれて(お店によって対応は違うかもしれません)、快適で便利でした。

 


タンソンニャット国際空港

※本記事は2016年7月時点の情報です。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です