mobifone SIM:ベトナムデータSIMを出国前に日本で買ってみた – ベトナム・ホーチミン/ニャチャン Day1

スポンサーリンク

2019年7月 ベトナム・ホーチミン/ニャチャンへ行って来ました。

ベトナムの携帯会社(キャリア)

ベトナムの大きな携帯会社(キャリア)は以下の3社だそうです。

  • mobifone
  • viettel
  • vinaphone

今回の行先を考慮して、ベトナムのキャリア別カバー域を地図で確認したところ、「mobifone」が良さそうです。

 

mobifone SIM

前回のベトナム旅行(2016年7月)では、ホーチミン・タンソンニャット国際空港でmobifoneのSIMを購入しました。

データSIM

タンソンニャット国際空港で購入した時よりも安かったので、今回はAmazonで事前購入しました。

  • ベトナムで開通手続き後、30日間有効
  • 期間延長や残高追加購入(チャージ)不可
  • SIMカード自体に有効期限あり(今回購入したものは、購入後約4ヶ月間有効でした)
  • 通信使用量10GBまでは4G(LTE)あるいは3Gの通信速度で接続し、10GBの通信量を使い切ってしまっても減速(128kbps)して接続可能
  • 音声は着信のみ利用可能

通話付きSIM

データSIMより通信使用量が減り、価格は少し高くなりますが、通話(音声)付のSIMもあります。

  • ベトナムで開通手続き後、30日間有効
  • 期間延長や残高追加購入(チャージ)不可
  • SIMカード自体に有効期限あり
  • 無料通話付(ベトナム国内への発信:約60分/ベトナムから日本への発信:約30分)
  • 通信使用量6GBまでは4G(LTE)あるいは3Gの通信速度で接続し、6GBの通信量を使い切ってしまっても減速(128kbps)して接続可能

 

SIM設定手順(iOS版)

(1)普通郵便着

Amazonで注文後数日で販売元から一式が届きました。
SIMと設定手順が記載された用紙が同封されています。
ベトナム SIM mobifone way2go

(2)SIMカード

台湾向けに販売されているSIMのようで、説明書きは中国語です。
SIMカードは「標準」「マイクロ」「ナノ」の3つのサイズに対応しており、切り込み線が入っています。利用サイズに合わせて、切り取ります。
ベトナム SIM mobifone way2go

 電話番号確認

SIMの裏側に電話番号(Phone No.)の記載があります。データSIMの場合、音声は着信のみ利用可能です。ベトナム SIM mobifone way2go

(3)設定(iOS版)

※SIMカードの挿入は利用できる国に到着してから行います。
SIMカードを挿入し、電源を入れると自動的にアクティベートが始まります。
設定の「モバイルデータ通信」をオンにします。
ベトナム SIM mobifone way2go

(4)ダイアル

「900」にダイアルし、機器を再起動します。

(5)アクティベート完了

MobiFoneからアクティベート完了通知が届きました。
ベトナム SIM mobifone way2go

現地(ホーチミン)で利用・通信速度

場所や時間帯などの影響はあるかと思いますが、4G表示はあるものの速くはない印象でした。
ベトナム SIM mobifone way2go

残量確認アプリ (MobiFone NEXT / iOS版)

SIM利用中は通信使用量残高をアプリで確認することが出来ます。

(1)電話番号入力

SIMに記載されている電話番号を入力し、「GET PASSWORD」をクリックします。
ベトナム SIM mobifone way2go

(2)SMSメッセージ

(1)で入力した電話番号宛へSMSで6桁の認証コードが送信されます。コード入力し、「LOGIN」をクリックします。
ベトナム SIM mobifone way2go

(3)BALANCE

BALANCE画面が開きます。
プリペイドSIMなので、Main Balance は0です。残高追加購入(チャージ/TOP UP)はできません。ベトナム SIM mobifone way2go

(4)残量/利用期間

BALANCE内の円グラフで通信使用量の残量と利用期間が確認できます。
例)
残量:9.75GB
期間:Valid until 07/08/2019 (dd/mm/yy)
ベトナム SIM mobifone way2go

(5)セッション

一定時間が経つと自動的にセッションが切れます。
再確認の場合には、(1)の操作から繰り返します。
ベトナム SIM mobifone way2go

事前購入のメリット/デメリット

メリット

  • 旅行前に日本でSIMが購入できる(事前購入が可能)
  • 飛行機を降りたら、すぐに設定し利用できる
  • 忙しない現地空港や市内でSIMを購入する必要がない

デメリット

  • プランが固定(例:データ容量:10GB、日数:30日間)されている
  • 残高追加購入(チャージ)は出来ない
  • 現地でSIMを購入すると携帯会社(キャリア)やプランが選択でき、料金が安くなる場合がある
スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です