台湾・桃園国際空港から帰国→成田国際空港 – 台湾・台北 Day4

スポンサーリンク

2017年12月、台北に3泊4日で行って来ました。

桃園国際空港 セルフチェックイン

空港に到着しました。
まずはセルフチェックインをし、荷物を預けました。
セルフチェックインについてはこちら。


桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空 セルフチェックイン

台湾桃園国際空港(日本語公式HP

出国前に空港をぶらぶらしていたら、パイナップルケーキの王様にお会いしました。
空港でもいろいろな種類のパイナップルケーキを販売しています。お土産に便利です。
桃園国際空港 空港第一ターミナル パイナップルケーキ

出国しました。
桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空

搭乗ゲートはB6。まずは搭乗ゲートを確認しにいきます。
桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空

B6の搭乗ゲートに到着。場所を確認しました。桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空 CX450

まだ少し時間があるのでターミナルを散歩します。
第一ターミナルと第二ターミナルの境界線に来ました。
第一と第二は内部で繋がっていますが、距離があるので移動時間に注意が必要です。
桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空

12:50 CX450 東京行

B6搭乗ゲートに戻り、待合ラウンジに向かいます。
左側には大きなオブジェ。大きなスイカが笑っています。
桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空 CX450

12:50 CX450。JALとの共同運行便 / ゲートB6
日本人の客室乗務員は1人でした。
桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空 CX450

予定より約10分遅れで搭乗開始となりました。
桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空 CX450

飛行機は往路と同じB777-300。機材が少し古い感じがしました。
桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空 CX450

機内食

離陸後2時間ほどで機内食タイム。
メインはポークカレーかパスタを選択できました。
このポークカレーが機内食にしては美味しくて驚きました。
サイドメニューは蕎麦と温かいパン。
アイスクリームはハーゲンダッツ(ストロベリー味)のミニサイズでした。
桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空 CX450 機内食
桃園国際空港 空港第一ターミナル キャセイパシフィック航空 CX450 機内食

16:32 成田国際空港到着

飛行時間3時間5分。
予定より20分程早く成田に到着しました。

まとめ

12月の台北。ほぼ毎日雨が降り、傘が手放せませんでした。
雨が降ると少し肌寒く感じることもありましたが、概ね日本の秋ぐらいの気候で快適に過ごすことが出来ました。
3度目の台北は基本的に食べ歩きで楽しみました。
天候が悪かったこともあり、観光名所にはほぼ行きませんでしたが、初めていく駅・エリアなど楽しめました。

台湾には独特の居心地の良さを感じ、またすぐにでも行きたくなります。

旅行記「 2017.12 台湾・台北編 」 おわり

 

台北のおまけ

目についた目をついた看板。
スマホの見すぎ(揺れ)は目に良くないよってことかな。
台湾 台北 看板 広告

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です