長町武家屋敷跡を再び歩く– 金沢 Day3

スポンサーリンク

2016年12月、北陸新幹線に乗って金沢に行って来ました。

長町武家屋敷跡

武家屋敷跡(野村家・高田家)を見学し、初日も通った長町武家屋敷跡を抜けて「香林坊」のバス停へ戻ります。


通りはしっとりと雨にぬれて、さらによい雰囲気です。
石川県 金沢 長町武家屋敷 薦掛け こもかけ

初日に来た時には閉じられていた大屋家の門が開いていました。


石川県 金沢 長町武家屋敷 大屋家 登録有形文化財 薦掛け こもかけ 有形文化財

大屋家は江戸時代の平士級武家屋敷の様式がほぼ完全な形で残っており、登録有形文化財に指定されています。
石川県 金沢 長町武家屋敷 大屋家 登録有形文化財 薦掛け こもかけ 有形文化財

立派な黒松。
雪吊りがされているのは梅でしょうか。
石川県 金沢 長町武家屋敷 大屋家 登録有形文化財 薦掛け こもかけ 有形文化財

普通に生活をしている一般のお宅なので、見学は入口までです。
長町の武家屋敷は大切に住みながら、家と街を守っていらっしゃいます。
石川県 金沢 長町武家屋敷 大屋家 登録有形文化財 薦掛け こもかけ 有形文化財

土塀の「薦掛け(こもかけ)」 を見ながら歩きます。
「薦掛け(こもかけ)」は水分凍結や積雪により土塀が痛むのを防ぐ役目をしていて、毎年12月〜3月に設置されています。
石川県 金沢 長町武家屋敷 薦掛け こもかけ


長町武家屋敷跡

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です