長崎・雲仙地獄:熊本市内から高速バスと高速カーフェリー「オーシャンアロー」で移動(日帰りバス旅)

スポンサーリンク

2015年12月 滞在していた熊本から日帰りで長崎県雲仙へ行ってきました。

日帰りバス旅

2015年12月上旬、滞在していた熊本から産交バス主催の「日帰りバス旅」で長崎・雲仙へ行ってきました。

産交バス : 日帰りバス旅
~ 昭和初期の面影残す九州唯一のクラシックホテル 「雲仙観光ホテル」

料金 : 5,900円(税込)
バス旅程 : 熊本交通センター→熊本駅→熊本港(オーシャンアロー)→島原港→雲仙地獄 →熊本交通センター

(追記)
2017年12月1日からの雲仙長崎オーシャン観光バスの運休に伴い、この日帰りバス旅も当面の間催行休止しています。

08:25 熊本交通センター発

朝までしとしと降っていた雨は小雨になり、少しだけお天気が回復してきました。
熊本市内にある交通センターから08:25発の「オーシャン観光バス」 雲仙行きに乗りました。
産交バス 長崎 オーシャン観光バス 雲仙

熊本市内を走り、熊本港に到着。
ここでフェリーの出発時刻まで待機します。
産交バス 熊本 オーシャン観光バス 雲仙

09:25 超高速カーフェリー  オーシャンアロー号

観光バスごとフェリーに乗船し、車両甲板 (駐車場)へ到着しました。
バスを降り、階段を上って1階の客席に向かいます。 産交バス 長崎 オーシャン観光バス 雲仙 フェリー

1階に来ました。
中央部分には100席を超える座席とカフェコーナーがありました。
平日ということもあり、空いています。
産交バス 長崎 オーシャン観光バス 雲仙 フェリー

更に上の階へ行ってみました。
2階はラウンジになっていて、ゆっくりできるソファタイプのシートが並んでいました。
景色もよく見えるこちらの席に人が多くいらっしゃいました。

ラウンジからはオープンデッキへ出られます。 寒空の下、遠ざかる熊本港を眺めました。産交バス 長崎 オーシャン観光バス 雲仙 フェリー

しばらくすると、少し怖くなるほどのたくさんのカモメが船についてきました。
カモメの餌も販売していて、餌やり体験ができるようでした。産交バス 長崎 オーシャン観光バス 雲仙 フェリー

フェリーは約30分で島原港へ到着。
観光バスに戻り、雲仙を目指します。産交バス 長崎 オーシャン観光バス 雲仙熊本フェリー(公式HP: オーシャンアロー時刻表・運賃表

10:50 雲仙地獄到着

雲仙みかどホテル本館を経由して、バスに乗ること約40分。
白い煙が立ち上る雲仙地獄に到着しました。
産交バス 長崎 オーシャン観光バス 雲仙地獄

観光バスの停留所は九州ホテル前(2015年12月時点)でした。
熊本への帰り(16:25)のバスもこの場所から乗車予定です。

帰りのバスの時間まで自由行動です。
ここから歩いて「雲仙観光ホテル」に向かいます。


産交バス 長崎 オーシャン観光バス 雲仙地獄

記事リンク:雲仙観光ホテル + 雲仙地獄

  1. 長崎県雲仙市のクラシックホテル「雲仙観光ホテル」(外観)
  2. 長崎県雲仙市のクラシックホテル「雲仙観光ホテル」(撞球/図書室)
  3. 長崎県雲仙市のクラシックホテル「雲仙観光ホテル」(客室前)
  4. 長崎県雲仙市のクラシックホテル「雲仙観光ホテル」でランチ
  5. 長崎県雲仙市のクラシックホテル「雲仙観光ホテル」で温泉
  6. 長崎県雲仙市で雲仙地獄めぐり

 九州ホテル

投稿時より約1年前の旅行記のため、情報に変更のある可能性があります。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です