2019.12 大分県・竹田&熊本県・熊本 旅行記(国内)

阿蘇神社:2000年以上の歴史を持つ阿蘇神社の総本社 – 熊本県阿蘇市

2019.12 大分県・竹田&熊本県・熊本
スポンサーリンク

2019年12月、大分県竹田市と熊本県熊本市へ行ってきました。

阿蘇神社とは

阿蘇神社(公式HP)は熊本県阿蘇市にある神社で、全国に約500社ある「阿蘇神社」の総本社です。
阿蘇十二明神と呼ばれる12柱の神をお祀りしています。

阿蘇神社への行き方

豊肥本線 宮地駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

阿蘇神社

阿蘇神社は、2016年の熊本地震で楼門・拝殿が倒壊するなどの甚大な被害を受け、現在復旧工事が進められています。

「日本三大楼門」の一つで、高さ21mもあった楼門は、甚大な被害を受け解体されました。
日本三大楼門とは「阿蘇神社」、茨城県の「鹿島神宮(かしまじんぐう)」、福岡県の「筥崎宮(はこざきぐう)」の三社です。

以前は楼門を通り、拝殿へ向かっていた参拝順路も現在は変更されています。

現在の参拝順路沿いにある重要文化財「還御門(かんぎょもん/1849年創建)」。こちらも部分的に解体修理中です。

この門前町通り一帯は湧き水に恵まれており、水が出る基(もと)という意の「水基(みずき)」と呼ばれる水飲み場が20ヶ所ほどあります。
阿蘇神社にある「神の泉」もその一つで、昔から不老長寿のご神水として崇められています。

こちらの入口から境内へ入ります。

境内に入ると右側に御札所があります。阿蘇神社は有名な厄除け、縁結びの神様です。

本殿に向かうと仮の参拝所が設けられています。
復旧作業中で社殿は透明な柵で囲まれ、近づくことはできませんでした。

災害復旧事業

2016年の熊本地震以前の阿蘇神社の様子です。
境内の社殿は、ほぼすべてが甚大な被害を受けました。

参拝所からも現在の状況を見ることができました。
楼門側を見ると、奥に重要文化財「神幸門(みゆきもん/1849年創建)」が見えます。

神殿前にあった拝殿は解体され、現在はありません。
写真手前が「一の神殿(1840年創建)」、奥が「二の神殿(1842年創建)」、一の神殿の奥に「三の神殿(1843年創建)」があります。

着々と復旧工事が進められています。
拝殿は2021年、楼門は2023年度完成の予定だそうです(公式HP:復旧現況図)。

阿蘇神社(公式HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました