太陽の塔(ネット入館予約/内部見学受付)– 大阪 Day1

スポンサーリンク


2019年3月、2泊3日で大阪へ行って来ました。

「太陽の塔」とは

芸術家の岡本太郎がデザインした太陽の塔。

1970年に開催された日本万国博覧会のシンボルゾーンにテーマ館のひとつとして、芸術作品として建設されました。内部は空洞で、展示空間として利用されました。
老朽化や耐震基準など安全上の問題もあり、約50年近く原則非公開になっていましたが、2016年10月から耐震補強・内部復元工事が実施され、2018年3月19日より内部の一般公開が始まりました。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

「太陽の塔」入館予約方法

「太陽の塔」の入館は完全予約制(前日までに要予約)です。当日券は発売していません。
予約に関する注意事項は太陽の塔オフィシャルサイト「入館予約」から参照できます。
一般公開後1年経ちました(2019/03時点)が、土日はすぐに予約が埋まってしまうようです。4ヶ月前から予約可能なので、早めの予約をおすすめします。

(1)公式予約サイト
太陽の塔公式予約サイトをクリック →「太陽の塔」入館予約

(2)希望予約日を選択
ネットでの完全予約制(前日までの予約が必要)です。
4ヶ月前から予約可能で、予約手続きをした日から1ヶ月間は予約申込できません。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

(3)ユーザー登録/ログイン
新規登録をクリックして、まずはユーザー登録(メールアドレス)をします。
登録した内容でログインします。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

(4)人数の登録
希望人数を選択します。
ベビーカー不可。4歳未満の子供がいる場合はエレベーターの予約が必要です。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

(5)時間の選択
希望時間を選択します。観覧時間は約30分です。
開館時間は午前10時から午後5時まで(特別公開期間は時間延長あり)で、30分刻みの予約枠があります。のこり人数が0以外のところが選択できます。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

(6)内容確認
予約内容を確定します。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

(7)予約確認メール
予約内容の確認メールがユーザー登録をしたメールアドレスへ送信されます。
予約番号、QRコードのリンクなどが含まれたテキストメールが届きます。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

(8)QRコード
予約確認メール内のリンクを開き、印刷または携帯でQRコード提示して入場します。
入場の際にはQRコードのほかに本人確認用の身分証明書の提示が必要です。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

「太陽の塔」入館受付

塔の背面「黒い太陽」側に太陽の塔入口があります。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

スロープ状の通路を降りていきます。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

太陽の塔「Tower of the Sun Museum」入口に到着しました。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

入るとすぐのところに受付があります。
受付前にはミュージアムショップ(公式HP)があります。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

予約メールのQRコードと身分証明書を提示して、入館券(1人700円)を購入します。
「撮影禁止」とありますが、 撮影機材の落下のおそれのない塔内部1階でのみ撮影可能です。フラッシュ撮影及び自撮り棒、三脚等の使用は禁止です。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

入館券を購入しました。
予約の約10分前に入館しましたが、チケットの記載によると20分前に来ると良いようです。
入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

「太陽の塔」内部へ

チケット購入後、中へどうぞとすぐに通されました。
自由見学できる通路の右側には「太陽の塔」のデッサンが展示されています。入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

滞在していたというメキシコのホテルの便せんに描かれています。入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

このデッサンはほぼ完成形にみえます。
万博博覧会時に太陽の塔の東側に建っていたオブジェ「青春の塔」と思われるデザインも一緒に描かれています。入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

通路左側の小窓からは「太陽の顔」と「黄金の顔」が間近で見えて迫力があります。
期待を高めながら、さらに奥へ進みます。

入館予約 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

太陽の塔(公式HP

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です