太陽の塔(外観/3つの顔) – 大阪 Day1

スポンサーリンク


2019年3月、2泊3日で大阪へ行って来ました。

万博記念公園(自然文化園)

新大阪から電車→モノレールを乗り継ぎ、万博記念公園へ到着しました。


入口から太陽の塔の足元が見えています。250円の入場チケットを購入して、中に入ります。大阪モノレール 万博記念公園駅 太陽の塔 自然文化園 中央口

中央口を入って左側には、太陽の塔のグッズを扱うヴィレッジヴァンガードの期間限定ポップアップショップ。太陽の塔と一緒に記念撮影できる顔出しパネルもあります。
万博記念公園 太陽の塔 ヴィレッジヴァンガード

入口すぐのところに立っているのはカメラ台。
太陽の塔が大きいために自撮りは難しいのですが、この台に携帯やカメラを置き、タイマーをかけると簡単に撮影できます。
万博記念公園 太陽の塔 自然文化園

太陽の塔 外観

芸術家の岡本太郎がデザインした「太陽の塔」。
1970年に開催された日本万国博覧会のシンボルゾーンにテーマ館のひとつとして、芸術作品として建設されました。万博博覧会当時は塔の周りに鉄骨の巨大な屋根があり、その屋根を貫いていました。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

万博博覧会終了後、巨大な大屋根は撤去され、太陽の塔も取り壊される予定でしたが、撤去反対の署名運動があり、万博記念公園のシンボルとして保存されることになりました。
現在この場所は「太陽の広場」と呼ばれ、芝生が広がっています。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

塔の内部は空洞で、万博博覧会時は展示空間でした。
閉幕後は地下の展示空間は埋められました。地上部分は何度か限定公開はあったものの、老朽化や耐震基準など安全上の問題もあり、約50年近く非公開になっていました。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

3つの顔

鉄筋コンクリート造りの塔の高さは約70m、基底部の直径約20m、腕の長さ(片側)約25mもあります。
初めて実際にみた太陽の塔は、思っていたよりも大きく感じました。
塔の外側には顔が3つあります。塔の内部に第4の顔があります。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

現在の象徴:太陽の顔

正面にある顔は現在を象徴する「太陽の顔」。直径は約12mあります。
真下にある通路から見上げることができます。近くで見るとかなり迫力があります。太陽の顔 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

正面、左右、見る角度によって表情が違います。
左側からみると顔が凛々しく見える気がしました。太陽の顔 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

右側から見ると、日の当たり方などもあり、違う表情が見えます。
青空に映える太陽の塔。晴れた日に来れて良かったです。
太陽の顔 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

未来の象徴:黄金の顔

塔のてっぺんには金色に輝き、未来を象徴する「黄金の顔」。
直径が10.6mあり、目の直径だけでも2mあります。毎日日没から23時まで目が点灯します。
黄金の顔 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

過去の象徴:黒い太陽

塔の背中一面に描かれているのは過去を象徴する背面の「黒い太陽」。
黒い太陽 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

黒色陶器(信楽焼)のタイルを張り付けているそうで、直径は約8mあります。
よく見ると鼻と口に凹凸があるのがわかります。
黒い太陽 太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園

内部見学

太陽の塔内部は、老朽化や耐震基準など安全上の問題もあり、約50年近く原則非公開になっていましたが、2016年10月から耐震補強・内部復元工事が実施され、2018年3月19日より内部の一般公開が始まりました。
見学は完全予約制(2019/03時点)で、事前に入館予約をしてきました。


とても楽しみにしていた内部見学へ向かいます。

太陽の塔(公式HP

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です