太陽の塔(ライトアップ)– 大阪 Day1

スポンサーリンク

2019年3月、2泊3日で大阪へ行って来ました。

西日差す太陽の塔

太陽の塔の内部見学して外にでました。


17:00の閉園時間を過ぎ、日が傾き始めていました。塔の足元にはまだ見学している方がいらっしゃいます。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

西日に照らされ、正面の大きな「太陽の顔」の表情にも変化があるように見えます。
塔のてっぺんにある第2の顔「黄金の顔」 は日没から目が点灯します。
せっかくここまで来たので日没まで待ち、ライトアップを見ようと思います。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

日没までまだ時間があるので、近くにあるExpoCityで食事をします。


 

太陽の塔 ライトアップ

万博記念公園(自然文化園)の開館時間は午前10時から午後5時まで(特別公開期間は時間延長あり)です。
閉園後の文化園へ入ることはできませんが、柵の外から眺めることはできました。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

少し位置を変えても塔の前の木で隠れてしまい、全体を見ることは出来ませんでした。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

黄金の顔

塔のてっぺんには金色に輝き未来を象徴する「黄金の顔」。
直径が10.6mあり、目の直径だけでも2mあります。毎日日没から23時まで目が点灯します。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

太陽の塔のライトアップを見ながら、万博記念公園駅に戻ります。
太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

高速道路(中国自動車道)の灯りもあり、駅から見える夜景が綺麗です。太陽の塔 岡本太郎 万博記念公園 自然文化園

きた道をたどり、新大阪駅まで戻ります。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です