ガジェット

全天球カメラ「RICOH THETA SC」を持ち歩く

ガジェット
スポンサーリンク

全天球カメラRICOH THETA

最近増えてきた360度カメラ。ブームの火付け役ともいえるのが RICHO THETA です。
一度のシャッターで周り360度を撮影できるので、ストリートビューのような写真で空気感を記録できたら楽しそうと、ずっと気になっていました。THETA SC white

どちらのRICOH THETA

現在2つの機種が販売されています。
どちらがよいでしょうか。ざっとスペックで比較してみました。

THETA S THETA SC
有効画素数 約1200万画素(x2) 約1200万画素(x2)
動画撮影 最大25分( 30fps ) 最大5分( 30fps )
ライブストリーミング ×
重さ 約125g 約102g
ブラック ベージュ/ホワイト/ピンク/ブルー
価格 約38,000円 約30,000円

参考:https://theta360.com/ja/about/theta/

長時間の動画を取る予定がないので、重さが軽い THETA SC を選択しました。

Amazonの延長保証付きで購入

持ち歩くことを想定し、約2000円のAmazonの延長保証(3年)に入りました。落下・水没などの事故に対応しているため、球面レンズがガラス製でも安心できます。
Amazonの延長保証

製品の箱の中はシンプルな内容で、本体・USBケーブル・ケースが入っていました。
THETA SC 同梱物

持ち歩くための準備

落下防止のためストラップを付けたいと思います。
本体にはストラップホールがないので、底にある三脚ネジ用のアタッチメントを使います。

メーカー品のリコー製ストラップ用アタッチメントは色や形はいいのですが、サイズが大きく取り扱いが難しそうです。
似たような製品を探し、ハクバのハンドストラップを購入しました。
ハクバのハンドストラップ

THETA SCの本体が白系なので、ストラップも白にしようと思います。
ハクバのハンドストラップ付属の紐が黒なのでハサミを入れて切り外し、余っていたWiiリモコン用のストラップを使うことにしました。
Wiiリモコン用のストラップをハクバのハンドストラップに装着

THETA SCに装着したらWiiリモコンのように見えてきました。でもこれで気軽に持ち歩けます。
Wiiリモコン THETA SC

360度パノラマ写真

旅先でパノラマ写真を撮影しました。

お試しレンタル

「必要な時だけ借りたい」というときだけでなく、「1度試してみたい」「試してみてから購入するか考えたい」というときにはレンタルがおすすめです。
カメラ、家電、最新ガジェットをレンタルできる「Rentio (レンティオ)」は全品往復送料無料で便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました