サイゴン中央郵便局:観光もお土産選びも楽しめる郵便局 – ベトナム・ホーチミン Day2

スポンサーリンク

2019年7月 ベトナム・ホーチミン/ニャチャンへ行って来ました。

サイゴン大聖堂から移動

サイゴン大聖堂の外観を見学したあと、隣のサイゴン中央郵便局に移動します。


左側が「サイゴン大聖堂」、右側の木に少し隠れている建物が「サイゴン中央郵便局」です。ベトナム ホーチミン サイゴン大聖堂 カトリック教会

サイゴン中央郵便局

サイゴン中央郵便局(Bưu điện Trung tâm Sài Gòn)は、1886~1891年のフランス植民地時代にフランスへの連絡手段のために造られたコロニアルスタイルの建築物です。
現在も通常の郵便・通信業務を行っており、郵便局に用事がある方々だけでなく、ホーチミンの定番観光スポットとして多くの観光客も訪れています。奥には郵便局と同じ色合いのマクドナルドがあります。
ベトナム ホーチミン サイゴン中央郵便局

パリのオルセー美術館(当時は鉄道駅舎兼ホテル)をモデルにしたと言われているそうで、確かに駅のような造りです。
建物はT字型をしています。以前はピンクのような白っぽい色だったそうなのですが、数年前の補修工事で壁を塗り替え、現在の色になりました。ベトナム ホーチミン サイゴン中央郵便局

中へ入り、最初に目にするのは一番奥の壁にかけられたホーチミン首相の肖像画です。
ガラス張りでアーチ型の高い天井からは光が差し込んでいます。内部は冷房がかかっていないにもかかわらず、高い天井のおかげで風通しがよく少し涼しく感じられます。
入口近くには木のベンチが置かれていて、建物を眺めながら休憩することもできます。ベトナム ホーチミン サイゴン中央郵便局

内部も左右対称に装飾されています。
美しいアーチの下にはアンティークなシャンデリアがかかっています。
左右にある地図の内、左側(写真)は1936年当時の南ベトナムとカンボジアの電信網を表しているそうです。ベトナム ホーチミン サイゴン中央郵便局

地図の下には世界各国の時刻を表示した時計が並ぶ木製の電話ボックスがあります(写真の時計は時間が誤っているようです)。現在、電話ボックス内にメールボックス、ATMなどを設置し再利用されています。
ベトナム ホーチミン サイゴン中央郵便局

建物中心ホールの中央部にきました。
外周のカウンターは郵便をはじめとした各種通信・金融サービスのカウンターが並び、現在も業務が行われています。ここから日本へ郵便を出すこともできます。
中央のカウンターは工芸品、切手、絵葉書やベトナム風の装飾がついたグリーティングカードなど気軽に買える小さなお土産が豊富に揃っています。ベトナム ホーチミン サイゴン中央郵便局

お土産売場は郵便局(T字の建物)入口を入ったすぐの両翼部分にもあります。ベトナム ホーチミン サイゴン中央郵便局

入口(左側)にある両替所を通り過ぎ、数段あがった先にあります。ベトナム ホーチミン サイゴン中央郵便局

すれ違うのも大変なほど狭い通路の両脇にぎっしりと商品が積まれています。
ベトナム ホーチミン サイゴン中央郵便局

こちらの売場は郵便局内とは違い、カードや切手などは少ないようですが、ベトナム刺繍の入った民芸品、服飾品、コーヒーなどの食品もあり、ばら撒き用のお土産も探せます。
ベトナム ホーチミン サイゴン中央郵便局

サイゴン中央郵便局

サイゴン中央郵便局から移動

サイゴン中央郵便局から徒歩で市内観光を続けます。暑さで休憩したい気持ちもありましたが、統一会堂は閉館時間が17:00なので、早めに行くことにしました。


スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です