幣立神宮 日の宮とも呼ばれる由緒ある神社 – 熊本県山都町

スポンサーリンク

2018年12月、熊本県に行ってきました。

幣立神宮へのアクセス

公共交通機関でのアクセスはあまりよくありません。
通潤橋や宮崎県の高千穂峡から車で30分ほどのところに位置しています。


近年パワースポットとしても有名だとすすめられて来ましたが、ガイドブックにも載っておらず名前も初めて知った神社でした。

幣立神宮

神武天皇の孫である健磐龍命(たけいわたつのみこと)が阿蘇へ向かう途中にこの土地に立ち寄り、天神地祇を祀った神社と伝わります。
高千穂峡にも近く、様々な神話や伝承が残っている場所だそうです。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

樹木で囲まれた150段の長い階段を上ります。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

階段途中で遊歩道と交わります。
幣立神宮の駐車場から遊歩道を歩いてくると、この場所に出ます。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

階段下にある手水舎で手を清めました。本殿近くにももう一つ手水舎がありました。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

幣立神宮の御由緒が書かれていました。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

6面ずつある干支の灯籠が2つ並んでいました。
今年(2018年)の干支である戌を中心に撮りました。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

苔むした味のある阿形の狛犬。細かく並ぶ歯に目が行きます。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

吽形の狛犬はたくさんのおみくじをまとっていました。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

本殿にお参りしたところ、本殿内部に宮司さんがおられて大麻(おおぬさ)でお祓いしてくださいました。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

伊勢神宮

幣立神宮本殿の隣には伊勢神宮の内宮がありました。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

伊勢神宮の外宮もあり、境内に色々な神様が祀られていました。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

幣立神宮の森

階段を下りて、左へ曲がり遊歩道を歩きます。この遊歩道は駐車場へと続きます。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

この神社周辺は「幣立神宮の森」とよばれる森で、うっそうとした杉木立に覆われています。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

遊歩道を抜け、振り返りました。
とても静かで灯りが少ないので、明るいうちに来た方がよいかと思います。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

駐車場の近くに鳥居がありました。
神々が住むとされた場所「高天原」。高天原の所在地については古来より諸説あり、日本各地にその名前があります。
熊本県 幣立神社 幣立神宮 日の宮(ひのみや)

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です