駿府城公園:晩年の徳川家康公像が見守る公園 – 静岡 Day1

スポンサーリンク

2016年2月、静岡/掛川/浜松に1泊2日で行って来ました。

駿府城公園

展望室からも見えた駿府城公園入口へ来ました。

駿府城公園

本丸御殿跡地にある葵の御紋。かなり大きいです。
夏になれば青青とした美しい御紋になりそうです。
駿府城公園

徳川家康公の像

風格のある晩年の家康公です。「大御所」として駿府に移ってきた頃の姿を表しているそうです。
鷹狩りをこよなく愛した家康公らしく腕に大きな鷹を乗せています。
駿府城公園 徳川家康像

浜松城にある若き日の家康公像とは別人のようです。


晩年の家康公像の前には「お手植えのミカン」。残念ながらミカンはありませんでした。
県指定天然記念物に指定され、静岡地方のミカンの起源を知るうえで貴重なものなのだそうです。駿府城公園

駿府城を見学したあと、広い駿府城公園を散歩しました。歴史的な遺構を残す場所としてだけでなく、市民の憩いの場として様々なイベントが開催されています。

駿府城公園公式HP

静岡駅へ

静岡駅に戻り、掛川城(100名城)へ向かいます。


途中で見つけた「大御所家康公顕彰400年」記念のマンホール。色鮮やかです。記念マンホール

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です