ガジェット

Apple Watch バンド比較 – 純正品とサードパーティー製品

AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品 サードパーティ 比較 ガジェット
スポンサーリンク

Apple Watch バンド

Apple Watch自体とても便利ですが、文字盤とバンドの組み合わせで雰囲気を大きく変えられます。気分や洋服に合わせて、リストバンドを気軽に交換するのも楽しみのひとつです。
安心と信頼のApple公式純正品(公式HP)のほか、Amazonなどで購入できるサードパーティー製品はリーズナブルな価格帯で多彩な種類があります。

正規品とサードパーティー製品で、スポーツループのバンドを色違いで購入したので、比較してみます。
スポーツループタイプは柔らかく軽量で、通気性も良いので夏の季節に最適です。

Apple公式純正品

40mmケース用(PRODUCT)REDスポーツループ:5,280円(税込)

AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品

取扱説明書が書かれた箱にバンドが収められています。AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品

素材はウーブンナイロン。生地は2層になっていて、織りが細かく密度があります。AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品

(PRODUCT)RED製品とは

(PRODUCT)RED製品を購入すると、購入金額の一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付されます。
また2020年9月30日までは、COVID-19対策のために購入金額の一部がグローバルファンドに寄付されます。

サードパーティー製品(WFEAGL)

WFEAGL コンパチブル Apple Watch バンド:999円(税込)

サードパーティー製品は簡易な包装が多いなか、立派な箱入りで届きました。
AppleWatch ベルト スポーツループ サードパーティ

バンドと保護カバーが収められたケースには、メッセージカードが入っていました。
AppleWatch ベルト スポーツループ サードパーティ

生地はナイロンレーザーで、少し厚みがあり、毛は長めで弾力を感じます。
AppleWatch ベルト スポーツループ サードパーティ

Apple Watch本体用のソフトタイプシリコン保護ケースが同梱されていました。AppleWatch ベルト スポーツループ サードパーティ

純正品とサードパーティ製品の比較

純正品とサードパーティー製品で色違いのバンドを購入したので、比較してみます。
赤いバンドが「Apple公式純正品」、白いバンドが「WFEAGL(サードパーティー製品)」です。

バンドの長さ

留め具のある端から端までの長さを測ると、赤は21.5cm、白は23.5cmです。約2cmの差があります。
AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品 サードパーティ 比較

面ファスナーの一番奥の部分で折り曲げました。
この長さの違いで、手の小さい方はあまり緩めなくとも脱着できるかと思います。
AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品 サードパーティ 比較

バンドの幅

幅は2.2cmで、どちらの商品も同じです。
AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品 サードパーティ 比較

留め具形状

留め具は形状と触感が違います。赤は面取りされて、継ぎ目もなくツルツルしています。AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品 サードパーティ 比較

面ファスナー

面ファスナーは5か所についていて、素材の細かさの違いは写真でも分かります。AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品 サードパーティ 比較

バンドの厚み・硬さ

赤はしなやかで柔らかい素材です。白は毛足が長く、若干の厚みと硬さがあります。
AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品 サードパーティ 比較

そのため机に置いたときにも白のサードパーティー製品は立体的に立ち上がります。
腕にしたときも同様の弾力を感じるので、このあたりの感触は好みが分かれるところかと思います。
AppleWatch ベルト スポーツループ 純正品 サードパーティ 比較

まとめ(違いと感想)

今回購入したスポーツループの違いと感想をまとめました。

  • スポーツループはとても軽く、着け心地が良い
  • 純正品は本体とのジョイント部分も完璧で、造りが細やか
  • サードパーティー製品は造りに個体差がある
    使用には問題がありませんが、今回は本体とのジョイント部分に若干のガタつきがありました。
  • 価格差が大きい
    純正品1つの価格で、色や種類が違うサードパーティー製品を複数購入することができます。
  • 耐久性については、今後確認

サードパーティー製品は純正品の1/5の価格で、使用に関しては問題はありません。
見た目は大きく変わりませんが、色合い、素材、肌触りの違い、若干のズレやガタつきがありました。価格差として受け入れられないのであれば、純正品を購入した方が良いと思います。
重要視するポイントは人それぞれです。私はサードパーティ製品を利用して、色々な種類を楽しんでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました