ガジェット

AirPods Pro を買いました

AirPods Pro and Clearcase ガジェット
スポンサーリンク

これまで使用していたワイヤレスイヤホンはJabra

今までは Jabra Elite Active 65t のユーザーでした。
後継機である Jabra Elite 75t を検討していましたが、iPhoneユーザにはおすすめだという AirPods Pro を購入しました。
Jabra and AirPods Pro

ノイズキャンセルが素晴らしいAirPods Pro

ノイズキャンセルの仕組みには大きく2種類あります。

種類 製品の例 特徴
アクティブ
ノイズキャンセル
Apple AirPods Pro
  • イヤホンについているマイクで周囲の音を広い、
    騒音の音波から逆位相の音波を作成して同時に再生することで騒音の音波を消す
パッシブ
ノイズキャンセル
Jabra Elite 75t
  • イヤホン自体の遮音性を高くして、周囲の騒音を聞こえにくくする
  • イヤホンの素材、構造や形状で外音を取り込みにくくすることで実現するため、
    ノイズキャンセルでバッテリーを消費しない

AirPods Proで電車のノイズが聞こえなくなるのは感動でした。
自宅でのテレワークでも周りのノイズが気にならなくなるので、役立っています。

接続性が高く、使いやすい

完全ワイヤレスなのでケーブルがありません。
マフラーやマスクをするときに絡まったりすることがなくストレスがありません。

どちらの片耳でも使える

AirPods Proは左右両方のイヤホンが iPhoneと接続しているので、どちら側でも片耳で使用できます。

今まで使っていた Jabraでは、iPhoneと接続している右側のイヤホンのみ片側での利用が可能でした。

バッテリーの持ちは十分

Apple公式によると AirPods Pro のバッテリーの仕様は次のとおりです。

  • 1回の充電で最大4.5時間の再生、または3.5時間の連続通話
  • 充電ケースで何度か充電することで24時間以上の再生、または最大18時間の通話

詳細なバッテリーの残量はiPhoneで確認することができ、ケースのバッテリー表示LEDでも確認できます。
iPhoneでAirPods Proのバッテリ残量を確認

操作性は普通

AirPods Proのイヤホンだけでは音量の上げ下げができません。
通常はiPhoneを取り出して音量ボタンを操作することが多いのですが、Apple Watchからも操作できます。

今まで使っていた Jabraでは、イヤホンでの音量調整ができていたので個人的にはマイナスポイントです。

見た目を変えない充電ケースカバー

充電ケース小さく軽いため、普段から服のポケットに入れて持ち歩いています。
落としてもダメージが少ないように充電ケースカバーを購入することにしました。

様々な充電ケースカバーが出ていて迷いましたが、デザインの白を隠すのはもったいないと思い、クリアケースカバーを選択しました。
AirPods Pro Clear-case


元々の大きさやデザインを変えることなく、充電ケースをカバーできています。
また内側に小さなドットがあるので、AirPods Pro充電ケースとの密着痕が目立ちません。
AirPods Pro and Clearcase

充電方法は2種類に対応

充電ケースの底にLightningのケーブル穴があります。

また AirPods Proは非接触充電に対応しているので、普段は充電台に置いて充電しています。
Charging AirPods Pro and AppleWatch

非接触充電をする場合はケースの底のLightningのケーブルの穴は使用しません。ケーブルの穴が汚れないようにコネクターカバーを購入しました。
Lightning Cover

コネクターカバー(色:クリア)を装着しました。
AirPods Pro Lightning Cover

普段はこれをポケットにいれて、快適なノイズキャンセルで音楽を楽しんでいます。
AirPods Pro and Clearcase

コメント

タイトルとURLをコピーしました