ガジェット

ピータッチ キューブ:シンプルなラベルライター

ブラザー ラベルメーカー P-TOUCH CUBE ピータッチキューブ ガジェット
スポンサーリンク

ラベルライター

整理収納や書類整理をすると、識別や分別のため、家族への情報共有のためにラベリングが必要になります。

今まで利用していたラベルライターが不調のため、新しいラベルライターを探しました。
最近のラベルライターはシンプルになり、インテリアに溶け込むようなデザインも発売されています。

キングジム:こはる

キングジムの「こはる(公式HP)」はシンプルで可愛らしいデザインです。
小さめサイズですが、キーボードがあるので入力がしやすそうです。

ブラザー:P-TOUCH CUBE

ブラザーの「P-TOUCH CUBE(公式HP)」もシンプルなデザインです。
従来のラベルライターとの大きな違いは、文字入力やデザイン選択をするためのキーボードや画面がないことです。

P-TOUCH CUBE [PT-P300BT/PT-P710BT] 比較

ブラザーのスマホ専用ラベルライター「P-TOUCH CUBE」を選びました。

現在「P-TOUCH CUBE」は2つの機種が販売されています。
大きな違いは電源、対応しているテープ幅、編集機能、価格、サイズ(重さ)です。

PT-P300BT PT-P710BT
スタンダードモデル 幅広テープ対応モデル
サイズ
約115 × 61 × 115 mm
380g
約128 × 67 × 128 mm
約580g※充電池付 約640g
対応
テープ幅
3.5 / 6 / 9 / 12mm 3.5 / 6 / 9 / 12 / 1824mm
カット 本体内蔵手動式 オートカット機能搭載
価格 5,000円前後 12,000円前後
電源
  • ACアダプター
  • 単4型電池×6本
  • Li-ion充電池(USB充電のみ)
備考
  • ACアダプターと単4型電池は別売
  • Li-ion充電池は付属(同梱)
  • QRコード作成可能
  • パソコンでのラベルづくりに対応

PT-P300BT:スタンダードモデル

我が家はQRコード付テープや幅の広いテープを利用する予定はないので、PT-P300BTを購入しました。
本体のデザインはシンプルでコンパクトなので、出しておいても目立ちません。小さく軽いので、持ち運びも簡単です。
ブラザー ラベルメーカー P-TOUCH CUBE ピータッチキューブ

厚みは約6cm。3つに分かれるようになっています。
左側(ライトグレー)の中にラベルテープ、右側(白)の中に単4電池6本が収納できます。ブラザー ラベルメーカー P-TOUCH CUBE ピータッチキューブ

PT-P300BT 同梱物

商品に同梱されているものは本体とサンプルテープ2本(白地に黒インク/ゴールド地に白インク)のみです。
電源には単4電池またはACアダプターの利用が可能ですが、別売りです。ブラザー ラベルメーカー P-TOUCH CUBE ピータッチキューブ

(別売)電源

室内で持ち歩けるようACアダプターではなく、充電式の単4電池を購入しました。
P-TOUCH CUBE(PT-P300BT)を利用するには単4電池6本が必要です。


ACアダプター(公式HP

(別売)ラベルテープ

専用テープはたくさんの種類があります(公式HP)。
同梱のテープと同じ白地に黒インクに加え、ライトグレー地に白インクのテープを追加購入しました。

ブラザー ラベルメーカー P-TOUCH CUBE ピータッチキューブ

PT-P300BT メリット/デメリット

メリット

  • 本体サイズが小さく、シンプルなデザイン
  • ラベルテープの種類が多い(マスキングテープタイプもある)
  • 専用アプリをダウンロードしたスマートフォンで簡単操作
  • スマホを利用するので、慣れた入力方法で操作できる
    → ラベルライターの小さなボタンを操作する必要がない
  • 多様なフォントが内臓(英語フォントが多め)
  • アプリのアップデートで機能拡張の可能性がある
    → 従来のラベルライターでは本体内蔵のフォントやコンテンツのみ印刷可能
  • スマホ画面でフォント、色合いなどの完成形が確認できる
  • 作成したラベルをアプリ内に保存可能
    → 保存したラベルを読み込んで、何度も印刷や編集ができる

ブラザー ラベルメーカー P-TOUCH CUBE ピータッチキューブ

デメリット

  • Bluetooth接続できるスマホが必要
    → 本体単体ではラベル作成ができない
  • 電池消費が多い
    → ACアダプターか充電式の単4電池を利用したほうが良い
  • 消耗品(テープ)の価格が少し高め

コメント

タイトルとURLをコピーしました