シャングリラ ラサリア リゾートのランチと2度のシャワー(雨) – マレーシア・コタキナバル Day3

スポンサーリンク

2017年7月 マレーシア・コタキナバル + クアラルンプールへ行って来ました。

シャングリ・ラ ラサリアリゾート & スパ

今回の宿泊ホテルはコタキナバル空港から車で約1時間のパンタイダリットビーチ沿いに建つ「シャングリ・ラ ラサリアリゾート & スパ(Shangri-La's Rasa Ria Resort & Spa)」です。

ランチ

ランチのため レストラン Tepi Laut(テピ ラウト)に来ました。
昨日ビーチでランチをしたときもこのレストランを利用しています。


内容や金額は昨日見たメニューと全く同じで、違いはメニュー表と席だけでした。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ビーチ

Panini Club Sandwich(パニーニクラブサンドウィッチ)RM45

マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ランチ

見た目よりボリュームがありました。マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ランチ

Tuaran Mee(トゥアラン ミー)RM45

このホテルがある町名は「トゥアラン」。この地域発祥の麺料理だそうです。マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ランチ

辛くもなくまろやかな味付けなので、食べやすく美味しいです。 マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ランチ

ホテル内レストラン

 

1回目のシャワー(雨)

黒い雲が早いスピードで流れていきます。
だんだん雲行きが怪しくなってきました。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ビーチ

あっという間に空の色が変わり、風もさらに強くなり雨が降りそうです。
レストランの方は慣れた様子で、椅子のクッションやテーブル上のセットを片づけていきます。
ほとんど食事は終わっていたので、伝票にサインし急いで部屋に戻りました。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ビーチ

建物内へ避難したあと、15分間ほど一気にまとまった雨が降り、一気に日が差し始めました。
プールサイドへ戻り、木陰のパラソル付チェアへ座りました。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ビーチ

ナツメグバーム(豆蔲膏)

ホテルスタッフが通りがかりにatsuの腕の虫刺されが少し腫れているのを見て「大丈夫?」と心配してくれました。
「痒くて酷くなるようだったら、クリニックがあるから行ってみるといいよ。あ、タオル貸出の近くに軟膏が置いてあるから、それを試してみてもいいと思うよ」と言って、仕事に戻って行きました。

しばらくすると「使ってみて」と軟膏を持ってきてくださいました。
虫よけはしていたものの、こまめにしていなかったからか、2人とも刺されてしまったので、この軟膏を試してみます。

調べてみると、ナツメグを使った軟膏で、虫刺されや痒み、頭痛、筋肉痛、軽い擦り傷などに使えるようです。香りはタイガーバームでした。
塗ってみました。痒みは若干落ち着いた気もしましたが、1回しか塗れなかったので、結果は虫刺されの勝ち。使い続ければ効いたかもしれません。

「ナツメグバーム」、マレーシアのお土産に良さそうです。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ビーチ

2回目のシャワー(雨)

軟膏を試していたら、風が強くなり、先程と同じような黒っぽい雲が見えはじめました。
「これは雲行きがまた怪しいね」と話していたら、あれよあれよという間に降り出してしまいました。完全に逃げ遅れました。
デッキチェアに横になっていると濡れてしまうので、チェアのマットを持ち上げながら雨宿りです。周りを見たら、皆さん同じようにして雨宿りしています。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア スコール

私たちも隣にいらしたムスリムのご夫婦と4人で雨宿り。
奥様はブルキニを着用していました。ブルキニとはビーチで肌を人目にさらしたくないイスラム教徒の女性向けの水着で、形はウェットスーツのような感じです。

軟膏を持ってきてくださったホテルスタッフが手に持っている大きな傘を指差して「一緒に傘に入ってホテル戻る?」と聞いてくれました。
お昼の雨も15分程度で止んだので、このまま待ってみることにしました。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア スコール

しばらく待つと晴れてきました。
タオルがずぶ濡れになってしまったので、タオルを交換するついでにナツメグバーム(軟膏)も返却してきました。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ビーチ

シャワー(雨)のあとは青空が一層きれいに見える気がします。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ビーチ

先程の雨が嘘のようです。
しばらくゆっくりしたあと、パラソル内に日が差し込んできたのを機に部屋に戻ることにしました。
一緒に雨宿りをしたムスリムのご夫婦に「ByeBye」と言って帰ろうとしたら、旦那さんが「さよなら(日本語)」と返してくれました。
マレーシア コタキナバル シャングリララサリア ビーチ


 Shangri-La’s Rasa Ria Resort & Spa(公式HP

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です