シンガポールから帰国 チャンギ国際空港→羽田国際空港 – シンガポール Day5-6

スポンサーリンク

2015年07月、シンガポールに5泊6日(機内泊含) で行ってきました。

Rasapura Masters (ラサプーラ・マスターズ)

空港へ行く前に軽く食事をしようとマリーナ・ベイ・サンズのフードコートに来ました。
とても混んでいるフードコートで、席を見つけるのが大変でした。

泰豊(Thye Hong)
フライド・ホッケンミー SG$ 10

ホッケンミーが好きで良く食べますが、お店によって麺や味が違います。
殻付きの大きな海老が3匹。定番の美味しさに満足しました。
シンガポール フードコート マリーナベイサンズ ホッケンミー

黄亜細肉骨茶餐室(Ng Ah Sio Bak Kut Teh)
肉骨茶(バクテー) SG$ 9

シンガポール名物 肉骨茶。
醤油ベースの褐色のスープはニンニクが効いていて胡椒が強め。スパイシーなので、体がポカポカしました。
食べられるお肉部分が少なめだったのが残念でした。
シンガポール マリーナベイサンズ フードコート バクテー

Rasupura Masters公式HP) 24時間営業(※店舗によって異なる)

 

チャンギ国際空港へ

朝、ホテルをチェックアウトをして、フロントに荷物を預けておきました。
ご飯のあとホテルに戻り、荷物を受け取って、そのまま空港に向かいました。

(参考)シンガポール・チャンギ国際空港から市内へ電車(MRT)での行き方

シンガポール・チャンギ国際空港(公式HP

Coffee & Toast

早めに空港に着いたので、空港でお茶をします。
カヤトーストのチェーン店の中では比較的新しいと言われているお店「コーヒー・アンド・トースト(Coffee & Toast)」がありました。
シンガポール Coffee&Toast  カヤトースト

空港店だからかもしれませんが、カヤトーストを紙袋に入れてくれました。
食べきれず、持ち帰る場合にも便利です。
シンガポール Coffee&Toast カヤトースト

セットの卵は温泉玉子か、ゆで卵が選べました。
写真がボケてしまいましたが、ゆで卵にしました。
(カヤトースト+コーヒー+ゆで卵 ) x 2セットでSG$ 7.8でした。
シンガポール Coffee&Toast ゆで卵

Coffee & Toast公式HP

出国

01:50発の深夜発便に乗ります。
出発までまだ時間はありますが、出国手続きをしました。
シンガポール チャンギ国際空港 出発ロビー

01:50 日本航空 JL038

01:50 JL038 ゲートC1
深夜発なので、離陸後はすぐに睡眠タイムでした。

着陸3時間ほど前に朝食のサービスがありました。
シンガポール 日本航空 機内食

メインは「Soup Stock Tokyo」(スープストックトーキョー)のスープ、野菜と鶏肉のトマトシチュー。
美味しいスープでした。
シンガポール 日本航空 機内食 SoupStockTOKYO

09:50 羽田国際空港到着

快晴の羽田空港に到着しました。
羽田 羽田国際空港ターミナル 日本航空

まとめ

往復深夜便を利用しました。
現地滞在時間を長く出来るという利点はありますが、少し疲れました。

3度目のシンガポール。
毎回行くリトルインディア、アラブストリート、チャイナタウン、前回行けなかったセントーサ島、前回は建設中だったリバーサファリ、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、行ってみたいと思っていたところにも行けた旅行でした。
今回は建国50周年に盛り上がるシンガポールを少し垣間見ることができました。

食も観光施設もとても充実しているので、楽しく旅行できる国です。
また近々行けるといいなと思っています。

旅行記 「 2015.07 シンガポール/セントーサ島編 」 おわり

 

 

投稿時より約1年前の旅行記のため、店舗情報などに変更のある可能性があります。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です