熱田神宮の境内にある宮きしめんで名古屋名物のきしめんランチ – 名古屋 Day3

スポンサーリンク

2013年12月年末、名古屋へ行って来ました。

宮きしめん

熱田神宮境内には1923年(大正12年)創業の老舗「宮きしめん」(公式HP)があります。
宮きしめんの宮とは熱田神宮の「宮」の名前をいただき、命名したそうです。

営業時間が短めなので、注意が必要です。
営業時間:09:00~16:30(ラストオーダー)
愛知県 名古屋市 熱田神宮 熱田大神 名古屋名物 宮きしめん

熱田神宮参拝の記念に神宮の杜できしめんをいただきます。
年末のお昼時ということもあり、大行列でした。
愛知県 名古屋市 熱田神宮 熱田大神 名古屋名物 宮きしめん

メニュー

メニューはきしめんのみです。
※写真は2013年年末時点です。現在はメニュー・価格変更があります。
愛知県 名古屋市 熱田神宮 熱田大神 名古屋名物 宮きしめん

宮きしめん

具は少なめで、かつお節、青菜、ネギといたってシンプルなきしめんです。
愛知県 名古屋市 熱田神宮 熱田大神 名古屋名物 宮きしめん

しっかりしたカツオ出汁にツルツルとしたきしめん。
美味しくいただきました。寒かったので身体の芯から温まりました。
愛知県 名古屋市 熱田神宮 熱田大神 名古屋名物 宮きしめん

宮きしめん 神宮店(公式HP

二十五丁橋(にじゅうごちょうばし)

宮きしめんのあるお休み処の近くには庭園があり、立派な石橋がかかっています。

1529年の「熱田神宮古絵図」にも描かれており、名古屋最古の石橋と言われています。
花崗岩製の板石が25枚並んでいることからこの名前がついており、弓のように沿った反り橋が美しい曲線を描いています。

安全のため渡ることはできません。
愛知県 名古屋市 熱田神宮 熱田大神

あつた蓬莱軒

熱田神宮のすぐ近くに明治6年創業のひつまぶしの有名店「あつた蓬莱軒 神宮店」があります。
「あつた蓬莱軒 本店」も大通りを渡ったところにあります。

ひつまぶしはこのお店が発祥とも伝わるそうです。
年末で残念ながらお休みでしたが、いつか食べてみたいと思うお店です。

あつた蓬莱軒 神宮店(公式HP

投稿時より約3年半前の旅行記のため、情報に変更のある可能性があります。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です