嵐電 嵐山駅の美しいキモノフォレスト – 京都・嵐山 Day1

スポンサーリンク

2015年3月、京都と姫路へ行って来ました。

嵐電 嵐山駅

嵐山の駅に戻ってきました。

昼間の嵐山駅

ポールの着物柄が美しく見えていました。
京都府 京都 嵐電 嵐山駅

キモノフォレスト ~着物の小径~

「友禅」を用いたポール約600本を林に見立てたキモノフォレスト。
青山にあるFrancfrancや伊勢丹新宿本店の再開発のプロジェクトを手掛けたデザイナー森田恭通さんの作品のひとつだそうです。
夜になるとポールが美しく幻想的にライトアップされます。
京都府 京都 嵐山駅 キモノフォレスト 着物の小径

「着物の小径」と名付けられた小径は両脇が京友禅の並木道になっています。
京都府 京都 嵐山駅 キモノフォレスト 着物の小径

見える柄が変わるとまた少し違った雰囲気を感じます。
少しずつ小道を進みながら、何度も写真を撮りました。
着物の絵柄は全部で32種類あるそうです。
京都府 京都 嵐山駅 キモノフォレスト 着物の小径

龍の愛宕池

着物の小径を抜けると、友禅の林に囲まれた小さな池があります。
天龍寺にちなみ「龍」を駅の守り神とした「龍の愛宕池」です。
愛宕山の伏流水が湧き出るこの池の龍に祈ると希望が叶い、水に手をひたすと心に安らぎが訪れ幸せへと導かれるとされているそうです。
水面に友禅の林が反射してとても綺麗でした。
京都府 京都 嵐山駅 キモノフォレスト 着物の小径 龍の愛宕池

キモノフォレスト公式HP)/ 日没~21:00(一部エリアは日没~23:00)

投稿時より約2年前の旅行記のため、情報に変更のある可能性があります。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です